ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~

よくある質問

ピアノは何歳ごろから始めたらいいでしょうか?

当教室はピアノをメインにしているので、長時間でなくとも一定時間、話が聞けることが必要です。

一概には言えませんが、目安としては5歳くらいからと考えています。それまではリトミックの教室をお勧めしています。

Back To Top

楽器を持っていないのですが…

プレピアノコースではまだ楽器をお持ちでなくても、大丈夫です。じっくりと、どんな楽器がいいかご検討ください。

ピアノコースでは、毎日の練習にアップライトピアノ、少なくとも88鍵の木製鍵盤の電子ピアノが必要です。教育的立場からアドバイスいたしますので、予算などについても購入検討の際はぜひご相談ください。楽器環境を整える意思のない方については、音楽を通して成長するという教室の目的を果たすことが困難ですので、レッスンはお引き受けいたしかねます。

受験コースについても、ご自宅で練習可能なよう、88鍵の鍵盤楽器をご準備ください。

Back To Top

振替はしていますか?

病気、ケガ等で事前にご連絡いただいた場合には対応しています。

お家の都合の場合、振替はできかねますので予めご了承ください。
月末に翌月のレッスン予定をお知らせしますので、その際にご都合をお知らせいただければ、できるだけ対応いたします。

ただ、いずれのケースも調整がつかない場合は、振替できないこともありますのでご了承ください。

Back To Top

成人男性はレッスン可能でしょうか?

申し訳ございません。成人男性の方のレッスンはお受けしておりません。

Back To Top

絶対音感は必要ですか?

絶対音感と合わせて、相対音感というのがありますが、いずれにも共通しているのは、音が合っているか、音の高さを聴き分けることができるかどうかという点です。

音の高さを始め、より繊細な音のニュアンスや表情を聴き分けていくことこそ、一番大事な音楽的表現に結びつきます。
その結果として絶対音感が身につくことにもつながりますが、絶対音感は、目的ではないし、必須でもないのです。

Back To Top

ピアノは脳にいいですか?

ピアノを弾くことは、とても複雑な活動です。
指だけでなく、楽譜の理解、感情の表現という、体・知・情(意)のバランスが欠かせません。指の動き、リズムと音符の理解、楽譜の意味を考えた表現、これらを一度に行う活動です。

ピアノ(音楽)は、リズム感を養ったり、身体的な能力を発展させたり、緻密な脳を作ったり、自分なりの意志を表明するといったことがすべてできる、素晴らしいものです。

Back To Top