ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • レッスン方法

レッスン方法

レッスンの組み立て

少しずつ春の気配が感じられます。

前回に引き続き、

今勉強している指導法の覚書を

レッスン方法のカテゴリとして書いていきたいと思います。

 

1回のレッスンの組み立て方として、

真似る、

声に出して言う、

手をたたく

弾く、

聴く、

書く、

考える

などいろいろな活動を用い、

集中が切れたら、どんどん変える。

レッスンプランもよいが、

それを消化するのが目的にならないよう、

子どもの反応を見て、変える柔軟性も必要。

教師の引き出しから、子どもの興味に沿うことを広げていく。

引き出しを増やすためにも、日頃の勉強は必要。

子どもが苦手とすることを、

その時にゲームのようにして何回も反復させ、

印象づけるのも方法。

教師サイドではなく、

生徒がその日1つでも「できた!」「分かった!」が

経験できるように。

 

曲を通してのレッスン以外に、

音楽の全体を知るレッスンがあってもよい。

音楽の全体とは、

リズム→全音符からどんどん分けていくと、

    2分音符、4分音符、8分音符になる。

    休符も同じ。

拍子感→1拍目が強いということ。他の拍子と比べる。

いろんな調があること。長調は12個、真ん中を下げれば短調が12個できる。

線と間の音→音程の把握と指の感覚を結びつける。

音符の方向読み→音符が上がっているか下がっているかと、

        指の感覚を結びつける。

説明も、子どもの年齢に合わせて、

グッズを使ったり、分かりやすい例え話で。

 

見極め

個々の曲で教師が目的を把握、

クリアできたら合格とする。

クリアできなければ、

なかなか合格できない曲もある。

合格することが喜びになるよりも、

「弾けた」「できた」が味わえるように。

教師は、いい音といい加減な音の違いが分かること。 

 

易しい曲から難しい曲につながる、

音楽的な要素、ねらい、声かけなどについては、

追って書いていきたいと思います。

レッスン方法

鳥取の雪もずいぶん溶けました。

除雪してくれた方たち、ありがとうございました。

本当に今回は大変でした。

梅もほころび始めています。

雪でちょっと傷んでいるのが可愛そう。

 

今勉強しているレッスン方法は、

音楽に直結する方法で、効果もすごいです

(習っている先生の生徒さんがすごすぎる・・・!

何より音楽的、かつ技術、知識に支えられている。

コンクール出場ももちろんのことながら、

参加する目的意識をしっかりと持っている)。

私もそんなふうに、生徒の音を表現させてあげたい。

そこで、覚書なり今のまとめなりとして、

少しずつ書いてみたいと思います

(今の段階を整理するためのものなので、

今後変わることもあります)

 

素晴らしい方法なので、

他の先生にも、参考や刺激になれば嬉しいです。

 

教材

導入期は

「子どものピアノメソッド基本編」を中心に、

「リズムとソルフェージュ」を用いている。

(私は、他の教材も使っています。)

次の段階では

バスティンシリーズの5指ポジションで弾ける曲集、

ピアノレッスンズ、

お気に入りシリーズなどを使いながら、

ブルグミュラーなどにつなげていく。

 

教材も大切だが、ねらいはそれ以上に重要。

ねらいがしっかりしていれば、教材が違っても対応できる。

 

ねらい

導入期

音価通り弾くこと。

鍵盤の底まで弾くこと。

音に表情があるタッチの体験。

レガート、フレーズ。

リズムを身につける、拍子感。

5指のポジションで、24調あることを知る。

5指のポジションで、鍵盤位置と指番号の一致。

線と間の音、音符の方向読み。

次段階

ピアノレッスンズで基礎を定着させながら、

お気に入りシリーズで表現を学ぶ。

イメージ、ブレス、腕の使い方、タッチの変化、音のバランスなど。

譜読みの定着。

 

い、たくさん言ったり、

たくさんさせようとしてしまいがちだが、

子どもの「できた!」をしっかりと経験させることが大事。

知識を伝えるのではなく、音楽を経験させる

(これは意外と難しいと感じています)。

 

目標は大事です。

先生の経験を通して大事だと思うこと。

実はこれがしっかりとあることが、

レッスン方法の生かし方に大きく関わってくるものです。

 

次回は、レッスンの組み立てについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.