ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2015年7月

月別アーカイブ: 2015年7月

レッスン風景☆

150731DSC00710

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

今日の動物さんはクジャクです!

ピアノに合わせて、大きなクジャクになります。

小さい動物さんはヒヨコ。

ピアノの強弱を聴き分けます♪

タイミングを変えても、聴き分けることができました☆

リズムも、全身で拍子を取っています!

一緒にピアノを弾くのもリズミカルです☆

発表会では元気な歌や、

リズムに乗った活動が出来そうです♪

とってもいいお顔でクジャクを見つめているKちゃん。

お家からも、レッスンを楽しみにしてくれているようで

嬉しいです♡

シルバーアクセサリー

150720DSC00641

夏休みの直前、シルバーアクセサリーを作りに行きました♪

イメージに合ったアクセがシルバーでできます☆

粘土細工みたいで楽しいです。

パンフレットはこんな感じ。オシャレですね~。

150730DSC00708

ペンダントや、ブレス、ピアスやリングができます。

シルバーは夏にピッタリ!

アロマオイルを垂らしてもOKなので、

香りも一緒に楽しめますよ(^^)

夏休み、角が出た時は

これを見て心を静めようと思います(笑)。

皆さんもシルバーアート、いかがですか?

一人でもお友達とでも、丁寧に教えてくれますよ。

お問い合わせは

エフェさん090-2000-8507にどうぞ♪

言葉で変える!レッスン効果

150615DSC00297

同じ月謝で、同じレッスン内容でも、

効果がすごく出る生徒さんと、

あまり変わらない生徒さんがいます。

(もちろん成長の個人差もあるし、

こちらもベストを尽くしていますが、

それでもあることなんです。)

その違いは何だと思いますか?

 

それは言葉の使い方にあるのです。

潜在意識という言葉があります。

言葉は、 表面の意識だけではなく、

潜在意識とも関わっています!

潜在意識は、

無意識の行動をも支配すると言われています。

 

例えば、 「○○があれば、もっといいのに」と

言ったとする。

○○はお金でもいいし、時間でも才能でもいいです。

よく聞くフレーズですね。

でも、この言葉は、潜在意識にこう言い聞かせているんです。

「○○がないから、できない」

できないということを

潜在意識に植え付けていることになるのです。

だから、しょっちゅうこういうことを言っていると、

「できない」よう自己暗示をかけていることになります

そして、これが口癖になっている人は

楽器の上達も遅くなってしまうんですね。

できない理由を探して、

自分にブレーキをかけている状態といっていいでしょう。

とてももったいないですね。

 

じゃあどうするかというと

自分が持っているものに目を向けるんです!

お金だって、食べ物を買ったり、病院に行くぐらいはある。

時間も、気分転換にTVくらい見れているかもしれない。

才能だって、人と比べさえしなければ、たくさんいいところがあるはず。

あるもので満足しようということではなくて、

あるもので使い方を工夫しようということです。

できない理由でなくて、どうしたらできるか?を考える。

why?ではなくhow?です!

すると脳は勝手にその問いに反応して答えを探してくれます。

 

あとは、自分を褒めることです☆

楽器が上達するには、

「前よりできるようになった」

「私ってスゴイ」

「がんばったよね」

「これができたらすごいかも!」

と言っているとGOODです!

反対に、

「ムリ」

「どうせできない」

「○○だからできない」

と言っていると、できるものもできなくなります。

この傾向は、大人の方に多いように思えますが、

子どもに接するように、

もっと自分に優しくしてあげてもいいのではないでしょうか?

 

そういった言葉の力に気付いてほしいなと思って、

レッスンでも、

生徒さんのいいところをたくさん見つけて

伝えるようにしています。

小さな自信でも信じていると、

びっくりするくらいできるようになっていくものです。

生徒さん自身にも自己卑下はしないでほしいと思います☆

言葉の力、あなどれないですよ!

 

レッスン風景♪

150728DSC00693

夏休みが始まりました!

今日のレッスン風景です。

ピアノコース、1年生のAくん。

今日はシャープ(♯)を習いました。

♯は、こんなところにもあるよ!

携帯を見て探します。

ノートにも書いてみました。

作曲?もします!題して「シャープがついたうた」

音符に♯も書いて、私が弾きます。

摩訶不思議な響きだったね~(笑)!

自分で弾く時、指が鍵盤からはみ出さずに弾くコツも話しました♪

すると、すぐできるのには本人もビックリ!

こんなに納得してくれて私も嬉しいです♡

 

150728DSC00681

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

ビートのキープができてきました!

リトミックコースでもしっかりキープの活動をしているので、

ピアノで弾いても感覚がつかめてきました☆

右手でメロディーを弾きながら、左手で付点のリズムを弾いても

ぎこちなくならないんですね。

付点のリズムは、ビートあってのノリなので、

演奏に勢いが出てきました!

じゃあ、今までのいろんな付点のリズムも叩いてみよう!

リズムカードを見なくても、

笑顔で叩く余裕も出てきていますね♪

150728DSC00678

続いてのリトミックコースでは、

ビートでボールを渡しながら、

一人がメロディー、一人が裏拍を歌って、

途中チェンジもしてみました。

ふふふ、歌いながらボールがキープできるかな?

発表会の歌のキメのポーズも決まりました。

約1名、ヘンなポーズの生徒がいますね(^^;

 

21年コーラスを続けること

150714DSC00586

先日、合唱団コール・アマービレの親睦会に行きました。

ゆっくり皆さんのお話が伺えて、楽しかったです。

 

この合唱団は結成21年目になり、

メンバーの入れ替えもほとんどありません。

どうして、こんなに長く続けられるのか、

常々知りたいと思っていました。

 

いろいろとお聞きしたところ、その秘訣は

・メンバー1人1人を大事にしている

・いつ来てもあたたかい雰囲気

・お互いに気遣う

といったことのようでした。

私が観察した点ではさらに、

・愚痴モードにならない

・プライベートには適度な距離感がある

・活動や参加に強制感がない

といった感じで、

言葉もきっと意識して使われているのではないかと

思いました。

 

ややもすると、

技術偏重になったり、プライドが先に立ったり、

自分の都合で相手を判断してしまいがちなものです。

どんなに難しいことか知っているからこそ、

この雰囲気を大事にしたいと思います。

メンバーの方にとっても、

歌以外の、雑談や打合せの時間も、

ほっとできる貴重なひとときだそうです。

音楽を心の友として、友人たちと続ける。

本当に素敵な姿です。

こんな音楽の楽しみ方があるということを、

人生の先輩から教わっています☆

レッスン風景♪

150724DSC00813 - Copy

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

今日もピアノを聴いて歩きます。

ピアノがストップしたらKちゃんもストップ!

ポーズもバリエーションが増えてきました♪

走っていてストップもできましたね☆

歌もたくさん歌いました!

テキストを自分でめくってどんどん歌いたかったのですが(笑)、

発表会の歌も歌いました。とても元気な声です☆

メロディーに合わせて、

伴奏のリズムを弾きながらの歌も歌いました。

しっかりリズムがキープできていましたね。

今度は他の曲でも試してみようね♪

 

プレピアノコースは、

特にお子さんのペースを大事にレッスンしています。

だんだんに慣れて、

どんなことができるようになるか、

どんなところで笑顔を見せてくれるか

楽しみにしながらレッスンしています☆

レッスンの内容例 ブラッシュアップコース

150714DSC00601

なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

ブラッシュアップコース

ピアノ指導者の方が対象です。

 

このコースは、

ピアノの先生が、

疑問を感じたり、

もう少し勉強したいなと思ったときに、

即レッスンで実践でき、役立つようにと

設けたコースです。

伴奏や模範演奏を弾く時に大きな力になります。

もちろん教える際にも役立ちます。

 

ピアノの先生は、一人の仕事なので、

疑問を感じても、なかなか思い切って勉強する機会が少ない。

都会ならともかく、鳥取ではその傾向が強いと思います。

それならば、

私で役に立てることがあるのではないか、

いろいろな方法をお伝えできるのではないか

と思ったのです。

ですので、このコースは個々の先生が

疑問に思っていることをひも解く形で進めます。

ちょっとした疑問でも構いません。

疑問が解決したと思えたら、

その時点でレッスンは終了になります。

ボディマップ(脱力)とコードは大きな手掛かりです。
脱力をレッスンで実践するためには、
 感覚と理論を結びつけることが大切です。

 

そのために、

アレクサンダーテクニークの考え方と、

ボディマップという手法を用いてレッスンします。

また、

コードはポピュラーだけでなく、

曲の大きな流れを把握したり、伴奏や、即興にも

幅広く役立ちます。

ブラッシュアップコースは、

脱力とコードを切り口に、

先生自身の演奏や、指導に生かせるよう、

レッスンを進めていきます。

 

今までしり込みしていたけど、

勉強してみたいという先生に、ぜひおすすめします。

レッスンも、

気持ちもパワーアップすること請け合いです!(^^)!

レッスン風景☆

150721DSC00647

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

昨日は、今まで歌った曲を自分で弾いていました!

3曲も「挑戦」してみたそうです☆

そう、なんでも「挑戦」してみるといいよ!

指番号も自分で考えて弾いていました☆

小節(お部屋)の数え方も覚えていたので、

いろんな曲で数えてみました。

テキストに書きながら、真剣です!

次は発表会の曲が弾けそうだね♪

 

150721DSC00652

次は、ピアノコース、1年生のAくん。

今週も練習が毎日できたので、

ごほうびシールが貼れました☆

頑張ったから、弾けるところが増えてきたね♪

ドレミも早く読めるようになったので、秒を書き込んでいます。

リズムにもチャレンジ!

3つのリズムを聴いて歩き、

カードで音符の名前も覚えます。

カードを並べ替えても、リズムが打てたね!

できると、とっても嬉しそうな表情のAくんです♪

 

150721DSC00660

次は、ピアノコース2年生のHちゃん。

伴奏が同じ間隔のところを、両手で弾いてみます。

弾く場所をいろいろ変えたらどんな音になるかな?

「やさしさに包まれたなら」が

「明るさ(まぶしさ→どちらも素敵ですね!)に包まれたなら」

「恐怖に包まれたなら」(笑)

「香りに包まれたなら」

と、いろんな言葉が出ました。

言葉を良く知ってて、音楽にぴったりだったね☆

ドレミカードは、ヘ音記号も早く読めるようになりました♪

150721DSC00653

リトミックコースでは、

引き続きビートをキープする練習です。

裏打ちも入れてみました。つられずできるかな?

 

昨日は、発表会で歌うキメのポーズを、

考えてもらいました。

この2人は↑この通り(笑)。

みんなのアイデアも生かした発表会に

しようと思っています☆

レッスンの内容例 大人コース

150720DSC00633

昨日は、わらべ館の

「木の形と音あそび展」に行きました。

ユニークな木のおもちゃで、子どもも大人も楽しめました。

木は手触りもいいですね。

私はやっぱり

音が出るおもちゃに引き寄せられてしまいます(笑)。

そうしたら、なんと製作者の

つちやあゆみさんがおられ、お話しすることができました。

音楽にあこがれがあるので、

遊び心を加えながら、音の出る作品を作られるそうです。

見た目にもとてもかわいい作品でした☆

 

それでは、なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

大人コース

高校生以上の方が対象です。

 

このコースは、

プレピアノコース、ピアノコースと違って、

好きな曲から始めます。

初心者でも弾けるよう、アレンジして、

好きな曲を積み重ねていきます。

基礎を習得するのもとても大事ですが、

大人の方は、時間がない場合がほとんど。

ならば、

限られた時間の中で楽しく続けながら、

徐々に知識も身につけていただこう

というのがねらいです。

指がなかなか回らなくても、

編曲次第でカバーすることも可能です。

楽譜が読めない方にも、

分かりやすくお伝えしますので、ご安心ください。

 

1曲集中コース

まずはお試して習ってみたい!

イベントで弾きたい曲がある!

という方向けのコースです。

主にアレンジ譜を使って、1曲を3ヶ月で仕上げます。

 

大人の方は、

経験を重ねておられる分、イメージが豊かです。

何より、

ピアノにあこがれていた方がほとんどなので、

脱力や、読譜のコツさえ分かれば、

いい音で楽器を奏でることも可能です。

気持ちは楽器に伝わります。

 

音楽をすると、

とても豊かな気持ちになれます。

これまで迷っていた方がおられたら、

音楽を人生の友として、ぜひお勧めしたいと思います。

 

次は、

ピアノの先生のためのコースについて書きたいと思います。

レッスン風景☆

150717DSC00771-2

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

ピアノに合わせてお散歩します。

歩く速さと、ゆっくり山登りの速さもあります。

しっかり聴き分けて歩けるようになったね☆

ピアノを聴いて、波の強弱を聴き分ける活動もしました♪

音楽の波は、大きいのもこわくないよ~!

歌も、しっかり大きな声で歌えるようになりました☆

とってもいい声です♪

これからどんな元気な声になるか楽しみです!

今日は、レッスン前後のおじぎを

ピアノに合わせてしました。

レッスンの「できた!」を

発表会につなげていきたいと思います☆

Page 1 / 3123
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.