ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2016年1月

月別アーカイブ: 2016年1月

レッスン風景♪

160129DSC02545

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

今日も音符を指追いします。

歌に合わせて、音符を指でたどったら、

右手と左手で打ち分けます☆

交互も上手にできたね♪

歌いながら、ハンドサインでドレミファソも表します。

プーさんとドレミカードクイズもしたね。

今日は2回ともKちゃんの勝ちでした☆

来週こそ負けないよう、プーさんは練習するようです。

Kちゃんも来週も頑張ろう~!

ノートに音符やト音記号、ヘ音記号も書きます。

久しぶりの記号でしたが、ちゃんと覚えて書けたね♪

心に沈んだことは、間があいても大丈夫だね♡

買い物=意思表示?

160125DSC02497

スマップ解散のうわさが流れた時、

阻止のため、ファンがCDの購買運動を起こして、

話題となったようです。

CDを購入することで、

解散しないでほしいという意志を表明したんですね。

こういうお金の使い方もあるのですね~。

 

先日、豊かさの話の続きとして、

レッスン+アルファを書きましたが、

今回は買い物について書いてみようと思います。

 

私たちは普段何気なくお金を使っています。

お金を払ったら、

手元からなくなって寂しいような気もしますが、

よく考えると、

お金を使う=払ったら終わりじゃなくて、

払ったら受け取るところがあるわけで、

お金を得たところは、

次にまた商品を作る原動力にしていく。

だから、お金を使うことは、

原動力=エネルギーを与えるのと同じ

ではないでしょうか?

成分を表示して、いいものを作っているところに与えるのか?

成分や、事業内容のよく分からないところに与えるのか?

お金=エネルギーだと思うと、

モノ(食べ物もそうですね)の選び方も

変わってくるかもしれません。

安いのがいけないとか、

高いのがいいとかいうわけでなく

(家計もありますしね)、

払う相手がどうなのか?

共感できるかできないか?

で使いたいものです。

私たちも、

スマップのファンと同じように、

お金を使うことを通して、

会社や社会に、意思を表明しているのでしょうから☆

 

レッスン風景♡

160119DSC02438

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

新しい曲を、タイに気をつけて

弾くことができました♪

「タイ」の言葉も覚えて、

自分でテキストに書き込んでいます☆

次の曲を歌ってみると、「とっても楽しい曲!」と、

イメージが膨らみます☆

歌を歌って、イメージが描けるのはとっても大事♪

遊びを始め、いろんな体験があってこそ、

音楽に結びつけられるからです。

お母さん、ありがとうございます!

イメージ豊かなMちゃんです。

 

160126DSC02517

次は、ピアノコース1年生のAくん。

両手の宿題が弾けるようになっていたので、

曲の後半も弾きました。

ドレミを読んで、気づいたことはないかな?

そう、前半とほとんど同じだね。

違うところを確認した後、通して弾きます。

手のおひっこしも上手です♪

弾く時に1の指を鍵盤にくっつけることも、

思い出して弾けました☆

4分音符と2分音符を、私につられないようたたいた後、

チェンジの合図で、

4分音符⇔2分音符と、さらにチェンジします。

これが大ウケのAくんでした(笑)。

 

160126DSC02521

次は、ピアノコース2年生のHちゃん。

グレードの課題曲の表現を理解します。

左手は、いつも同じ間隔の和音だね。5度って言うんだよ。

それがどんな動きをしているかな?

1音ずつの下降か、跳躍する下降かを理解します。

理解すると、弾きやすくなるね♡

下降する時、跳躍する時、どんな気持ちになる?

どんな音がかっこいい?

とっても素敵な音楽になりそうです^^

スケールも弾きました。

ハ長調、イ短調、ト長調、全部同じ指使いで弾けるね☆

160126DSC02533

次は、リトミックコースです。

前回聴き取れた付点リズムを、

今回はノートに書きとります。

しばらく聴くばかりだったけど、

ちゃんと付点で書くことができました♪

間が空いても、しっかり定着しているんだなあと

嬉しい驚きでした☆

 

 

 

 

レッスン風景☆

160125DSC02512

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのYちゃん。

ぐーぱーたいそう、右と左あてゲームなどをします。

これは、親指のつけねがへこまないためだったり、

右手と左手がすぐに分かるためで、

ピアノを弾く手を準備しています。

ピアノに合わせてのおさんぽや、動物さんでは、

音符と休符、音の強弱などを体験します。

さあ、ピアノと仲良しになろう!

ドレミの歌も歌います。

大きな声で歌えましたね。

ノートにト音記号も書きました。

2回目のレッスンなのに、上手に書けました!

楽しみながら、ピアノの基礎を体験していきましょうね♪

レッスン+アルファにするには

160124DSC02483

雪、降りましたね。

でも、新雪を踏みしめて歩くと、

土踏まずが気持ちよかったです!

 

先日の豊かさの話の続きとして、

お金を額面以上に生かす使い方について、

レッスンを例に挙げながら、書いてみたいと思います。 

 

何かを習う時って、

自分が何かを得たいとか、

子どもが何かを得てほしいと思っていますね。

ピアノで言うと、

弾けるようになること、

耳(音に対する感覚)が良くなること、

知識が身につくこと

などだと思います。

 

それでは、

月謝を額面以上に生かすとは、どういうことでしょう?

それは、それ以上の価値が感じられるかどうかということです。

例えば、先のピアノの例に加えると、

音楽を通して、共鳴するところがある。

先生の音楽を愛している姿が素敵だと思う。

音楽以外にも、何か参考になるところがある。

こういった、何か吸引力を感じることが、

より多くのものを得ようとする原動力になるのです。

教えられる内容を、ふくらますことができるのです。

 

これは、私が今までレッスンを受ける側から感じたことです。

素晴らしい先生は、月謝以上のものを与えようとしてくれる。

だから、額面以上の価値にするには、

いろんなプラスアルファが感じられるということだと思うのです。

あと、それを吸収しようと努力することも欠かせません。

プラスアルファを感じることも、

吸収しようと努力することも、自分次第というわけです。

つまり、

額面にとらわれず、自分次第で

付加価値を増すことができるのです。

受け身ばかりでなく、

そのような能動的な姿勢で臨むと、

必ずや月謝以上の効果が上げられます。

皆さんもぜひ、月謝を120%役立ててくださいね。

 

 

 

 

 

イメージトレーニング

160101DSC02330

「上達するには、

なんといってもイメージトレーニングです。

だから、まず、うまい人の滑りを何回も見る」

スキー教室で、先生が言われた言葉です。

そうはいっても、

素人には何がいいのか、

何をイメージしたらいいのか、分かりませんよね。

だから、

先生が先に滑ってお手本を見せてくれるんだと思います。

うまいスキーヤーも、さらにうまいスキーヤーの滑りを

VTRで何回も見るそうです。

 

ピアノでも同じです。

美しい音、音楽がイメージです。

でも、普通最初からイメージは分からない。

だから、美しい音で先生が弾くのを聴く。

CDで、繰り返しいい演奏を聴く。

それがたまっていくと、

下地が豊かになって、上手になっていけるのです。

 

お料理で言うと、

美味しいものを食べて、

味や、盛り付けの美しさが分かってくるから、

自分でも再現してみよう!って

作れるんじゃないでしょうか。

美味しい!の経験がないまま作っても、

味はよく分かりませんよね。

 

それと同じことがピアノでも言えて、

イメージを持って弾けると、

上手=聴く人に伝わる演奏ができるのです。

幼くてもそう。

歌ったり、イラストを見て自分の経験を

思い浮かべたりすることでイメージができてきます。

それと、いい演奏のCDも欠かせません。

数は少なくてもいいから、

繰り返し聴いてほしいと思います。

3月の記事「レッスンで効果を上げる方法 Vol.3」で

CDを紹介しています。

おうちの方、どうぞよろしくお願いします!

レッスン風景☆

160120DSC02470

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、年長さんのAちゃん。

両手で弾けるようになった曲で、

スラーとタイの違いを表現します。

スラーで弾くには、歌いながら弾くといいのです☆

歌うと、表情や息つぎ(ブレス)も自然にできます。

じゃあ、聴き比べだよ♪

今度は、心で歌っているかどうか聴いてね。

歌わないで弾いた方を

「棒のように、立ったまま歌ってる」

そう、分かったね!

歌って弾くと弾かないでは、違うんだね♪

 

160120DSC02479

次は、プレピアノコース年少さんのTくん。

雪に大興奮(笑)!元気な声で来てくれました。

じゃあ、歌も元気な声で歌えるかな?

いろんな歌を大きな声で歌えたね♪

鍵盤の数字で、音の高さをあてっこしてから、

47番のキーで、散歩の曲に合わせて弾きました。

47番のキーはソの音です。

1から88まで数えながら探します。

注意深く順番に探すことができましたね☆

音楽にも、たくさん数字(数の計算も)が出てきます。

数字とピアノ、

Tくんが喜ぶような切り口を探したいと思います♪

レッスン風景♪

160119DSC02441

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

一緒に歌っただけの曲を、ピアノで弾いてきました!

歌のリズムに合っていて、上手です♫

2曲合格になりました☆

その中に、追いかけっこ(カノンと言います)

曲があったので、

「かえるの歌」をカノンで弾いてみました。

タイミングをずらしていろいろチャレンジしましたが、

つられず弾けましたね!スゴイ☆

満面の笑顔です♡

 

160119DSC02454

次は、ピアノコース1年生のAくん。

Aくんも集中してピアノに向かいます。

おひっこしする右手と、左手、両手で

合わせることができました☆

じゃあドレミも読めるかな?

ノートに音階を書いた後、

カードでアトランダムに読みます。

前回よりタイムが上がりました!

新しい曲もリズム打ちができましたね♪

さすが、7才になると

いろんなことができるようになるんだね!

 

160119DSC02460

次は、ピアノコース2年生のHちゃん。

基礎練習をていねいに練習してくるので、

手の形が安定して、音がきれいになってきました♪

手の構造や、肩がどこから動くかなども確認します。

(こういった感じで、ボディマッピングを

取り入れていきます。)

初見も、

音符一つ一つでなく、まとまりを意識すると、

ぐんとスピードアップしましたね☆

どんどん譜読みするHちゃんです♪

伴奏も慣れてきて、3つの調はもう大丈夫!

カデンツがOKだから音階(スケール)も弾こう!

160119DSC02466

リトミックコースでは、メロディー聴奏をします。

前回の休符に加え、付点リズムも聴き取ります。

4拍子以外に3拍子も弾きました。

一人ずつしたのに、最後になぜか連弾する二人(笑)!

息を合わそうとしていてステキでした♪

スキーと脱力

160102P1020724

先日のスキーでは、

スクールに入って教えてもらいました。

先生は、話も巧みで分かりやすかったです。

とても興味深いことを言っておられました。

スキーには、ほとんど力はいらない。重力を利用するから」

「力を抜くことがポイント」

先生は、普通に滑るのは全然疲れないそうです。

筋肉痛になることもないでしょうね~(笑)。

 

ピアノやハープと全く同じなんだなあと思いました。

ハープのみやび先生も言われてましたが

「実は、脱力が難しいんです。これができたら一人前」

ピアノで言うと、

やはりいきなり脱力はできないです。

例えば手の形も、最初から完璧な人はいない。

でも、

初めから脱力を目指してフォームを作っていくのと、

とりあえず弾けるようになってから矯正していくのとでは、

雲泥の差が開くのです。

それは、変な癖を繰り返し練習することになってしまうから。

癖を取るのは大変!!

だから、二度手間をかけずに、最初から脱力を目指すのですね。

何でも、脱力することが上達の秘密なんだなあと

改めて思ったことでした。

豊かさはどこにある?

160116DSC02423

週末はスキーに行きました。15年ぶりです!

すっかり忘れているかと思ったけど、何とか滑れました。

とっても楽しかったけど、今はあちこち筋肉痛です・・・。

 

さて、豊かさと聞いて、何を思い浮かべますか?

「お金」「時間」

いろんな答えが挙がると思います。

どれもが正解だと思います。

 

以前、

豊かさ≒お金と思っていた時、

ベストセラー作家、本田健さんの本の中にこんな言葉がありました。

「お金持ちは、

お金があるから、豊かさを引き寄せる考えができるのではない。

貧しい時からそんな考えをしていたからこそ、

豊かさを引き寄せることができたのだ。」

正直言って、きれいごとだと思いました(苦笑)。

でも、試してみようと思ったんです。

損しないしって(笑)。

 

具体的には、「ありがとう」を言うようにした。

そしたら、

人の好意、親切、ちょっとした会話の楽しさとか、

少しずついいことが増えてきた。

次は、「自分はこれが好きだ、これで役に立ちたい」

と言うようにした。

すると、出会いたい人との出会いが増えてきた。

 

経済的な豊かさは

いろんな豊かさの中の一部なのかもしれません。

いろんな豊かさとは、例えば、

人の好意とか、

応援したいと思える人がいることとか、

豊かな自然が身近にあることとか、

季節の実りを美味しくいただけることとか、

病気になったら医療を受けられることとか、

享受しているいろんなこと。

 

そう思ったら、精神衛生上ずいぶん楽になったのです。

本当に楽しくなってきた。

「豊かさは、考え方次第で引き寄せることができる」

なるほどなあ~。豊かさはお金だけじゃないんだ。

豊かさを定義して、それを発見するかどうかは、

それぞれの心の中にあるのではないでしょうか^^

 

 

 

Page 1 / 212
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.