ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2016年6月

月別アーカイブ: 2016年6月

レッスン風景♫

160629DSC03905

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年中さんのTくん。

ドレミの歌をプーさんに聴いてもらいます。

どんな声で歌うんだったかな?

大きくてもいい声だね!

照れながらも、

プーさんに聴こえるように歌えました♪

八分音符を交えてのリトミック、楽譜のリズム打ち、

左右のリズム打ちなどをしました。

できるまで、何度も繰り返し集中して向かえます。

レッスン中ママがいなくても、

「おかたづけ し~よう!」と

最後まで頑張りました^^

レッスン風景♪

160628DSC03898

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のMちゃん。

ホ長調の曲を弾きました。シャープの数で、調が変わるね。

ポジションが変わるので、

ぬり絵で確かめよう。左手もよく確かめてね。

スラーを見つけて、

終わりの音は優しく弾くことに気をつけます。

ドレミカードも読みます。

6回は続けて読まないと脳が覚えないというから、

毎日3~4枚ずつ6回以上読もう!

毎日練習できているMちゃん。

次は、内容が定着するよう、練習を充実させていこう☆

 

160628DSC03902

次は、ピアノコース2年生のAくん。

ハ長調とト長調のポジションの移動が

さっとできます。言葉も覚えましたね。

新しい曲に取り組みます。

まず何調かな?ポジションは分かるね。

両手じゃなく、片手ずつ見ていくよ。

右手のリズム打ちをして、指番号でリズムで動かす。

そうすると、鍵盤でもすぐ弾けるね。

左手も同じやり方だよ。

左手が弾けると「両手で弾いてみる!」と

チャレンジできたAくん。

「できない」→「できるための方法」を

見つけてほしいと思います♪

 

 

ハープの音色

160619DSC03868

ハープの音色が心にしみるのは、

元気な時より、ちょっと疲れ気味の時でしょうか。

元気な時はピアノで弾みたいけれど、

そんな気分になれない…という時は、

ハープに触れています。

弦に触れて振動を感じていると、

ほっとするのです。

 

ハープは昔、病などを癒す力があるとして

特別な楽器だったとか。

静かな音色が、心も鎮めてくれるのでしょうね。

モーツァルトの楽譜

160619P6190882

モーツァルトの楽譜の校訂をされた、

今井顕さんの講座に行ってきました。

演奏の躍動感を生み出す、リズムについてでした。

実際に先生の弾かれるピアノは、

生き生きとして、いかにも楽しげです。

「拍子感」を感じて表現するということだと思いました。

これは、私も最近習うまで、

知識としてしか知らなかったことです。

でも、生きた音楽には絶対欠かせないものなのですね。

生きた音楽には感動がある。

過去と、現代の私たちを結びつける、

共通の感情が生まれるのです。

 

今井顕さんの校訂した、

「モーツァルト ピアノソナタ集」 音楽之友社

拍子感を意識したフレーズスラー、

指番号、背景の解説など

とても使いやすいと思いました。

学習者にはお勧めです。

演奏する人にとっても、原典版と一緒に使うと、

参考になるのではないかと思います。

整体と音楽の共通点 

160619DSC03873

終わりました、100曲マラソン。

各団体で3~4曲歌いつないでいくイベントです。

持ち時間は短いとは言え、

人前で演奏するというのはエネルギーを使いますね。

コールアマービレの皆さんお疲れさまでした♪

 

さて、このところ腰痛が抜けなかったので、

整体に行ってきました。

先生の話で、

「結果に一喜一憂しない。どんな結果もプロセスの一部」

まさに、音楽にも通じる話!

演奏の成果など、

個々の結果としてでなく、

成長の過程として受け止めていきたいと思いました。

 

腰の痛みの方は、施術が素晴らしくよく効いて、

すっかり大丈夫です。

全然もみ返しがこない、不思議になるほど優しい施術なのに、

痛みは取れ、時間がたつごとに楽になってきました

(終わったら緩んだ感じになって、2時間寝てしまいましたが)!

「鳥取整体院」

困った時に頼りにしています。

 

レッスン風景☆

160622DSC03892

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、1年生のAちゃん。

両手を弾きながら、

右手のパート、左手のパートを歌うことができました。

左手の時は、右手につられないように歌えるかな?

そして、拍の頭の、左手と右手のハーモニーも聴こう。

スタッカート、スラーの終わりが、

歌って聴こえるかな?

フレーズの終わりは、ブレスをしているかな?

練習でもチェックしながら弾こう。

いかに耳を使って練習できるかが上達の鍵です!

ハ長調の和音について、

順番がひっくり返ること(転回)を説明しました。

 

160608DSC03794

次は、プレピアノコース、年中さんのTくん。

数字を見ると元気が出るTくん。

「40番(ド)ってどこだっけ?」

1番の鍵盤から、順に弾きます。

じゃあ2番の指で弾いてみよう!次は3番の指でも弾けるかな?

1番の指の支えがなくても、つぶれずいい形で弾けました!

40番のドをカードであてっこしました。

4分音符、2分音符を楽譜から探してチェックしたり、

ピアノに合わせて歩いたりしました。

ドレミの歌も歌います。

とっても大きな声が出るから、今度はいい声で歌おう!

発表会に向けて、頑張ろうね^^

 

レッスン風景♫

160621DSC03887

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、1年生のMちゃん。

二長調の曲を弾きます。シャープが何個あるかな?

この前のイ長調とはシャープの数が違うね。

それぞれどのポジションか、ぬり絵を見て探そう!

2分音符、付点2分音符の長さも確認します。

自分で指番号を書き込みます。真剣に書き込むMちゃん。

指番号とリズムが分かると、すぐ弾けるね☆

Mちゃんは、言われた内容を自分でメモできます。

自分で書いてみるのはとってもいいことだね。

理解できるし、よく覚えられます。

ドレミカードも、練習しようね♪

 

160621DSC03889

次は、ピアノコース2年生のAくん。

ヘ長調の曲と、ト長調の曲とで、

上手に手の移動ができています。

次は、ハ長調、ヘ長調、ト長調とセットで覚えよう!

シャープやフラットを確かめて、何調か考えます。

ハニホヘトイロハ(言えるかな?笑)は、

ドレミファソラシドに呼応するんだね。

そして、その調のポジションに手を置くんだね。

ほとんど白鍵の調ばかりだからできるよ^^

あとは、楽譜の指番号とリズムを見よう!

手を見ないで弾こうと言うと、

とっても真面目に目をつむって弾く(!)Aくんです。

レッスン風景♡

160620DSC03881

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のYちゃん。

指番号の歌で、指を動かすのが早くなってきました☆

今度は曲で試してみよう。

曲によって指は違うけど、早く動かせるように練習しよう。

できるようになるためには、

何回か続けて練習しないといけないよ^^頑張ろう!

リズムにも気をつけて!

8分音符の打ち分けが、上手にできるようになってきました。

「ここが(リズムが)ずれてた」と、

自分でも分かるようになりました。

とってもいい耳になっています♫

ボールつきをして、拍子感も感じました。

 

160620DSC03882

次は、ピアノコース3年生のHちゃん。

おうちで気をつけながら練習できたようです。

うまくいった時とそうでない時が、分かります。

「きれいな音が出た」

音を聴き分けられますね^^!

その時、手の力が抜けているかどうかも注意してみよう。

きれいな音が出る時と、体の気づきに注意すると、

上手になれるんだよ!

↑手も力が抜けてきれいですね。

こうして、頭も使い、体の感覚も目覚めさせると、

本当に意味のある練習になります。

よく理解して、いい表情を見せてくれたHちゃんでした。

160620DSC03885

続いてのリトミックコースは、

ドレミカード全部を読みます。

1分以内を目指して頑張ろう!

カエルの歌のカノンは、テンポキープで弾けました。

次回は、いろんな順番で試してみよう☆

レッスン風景♫

160617DSC03842

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのKちゃん。

チューリップをラのフラットから弾きます。

フラットの意味を習いました。ぬり絵もしよう!

曲を弾き終わった時は、手をふんわり上げるんだね。

指番号の歌で、指を動かすのもできるようになりました。

今度は早くできるように、練習しよう!

テキストの曲を見ながら、

指番号で動かしたり、

左右で打ち分けたりして、弾きました。

ドレミカードも読みました。

 

160617DSC03846

次は、ピアノコース、1年生のSちゃん。

おひっこしとリズムに気をつけて、片手ずつ弾きます。

できるまで何度もチャレンジして、頑張りました!

できない時とできる時が分かるのは、

耳がいい証拠です。

両手でリズムを合わせた時も、

片方が合ってない時がよく分かりました。

耳がいいと、上手になれるんだよ。

何回も聴いて頑張ったから、できるようになったね^^

目線も、ちゃんと楽譜を見て弾けています。

ドレミカードも読みました。おうちでも練習しよう!

 

160617DSC03851

次は、ピアノコース、1年生のSくん。

新しい曲を指番号で歌います。

口ごもってたら、指が動かせないよね。

指番号がすらすら歌えてから、ピアノを弾くと、

とっても弾きやすくなることに納得!

指番号が分かるってすごいでしょ?

拍子とリズムの話もします。

全音符、2分音符、4分音符、8分音符を関連付けて説明、

その流れで拍子の説明もしました。

これは次回も説明するね。

納得すると、すぐ弾けるようになるSくんです。

 

160617DSC03857

次は、プレピアノコース、年中さんのKちゃん。

チューリップを弾きます。

歌っているようにつなげて弾けるかな?

まず2つの音でつなげて弾いてみよう。

2と3の指で、歩くように弾けるかな?

ケンケンじゃなく、歩くように弾いてね。

片手でも、両手でも弾けました!

このように、つなげて弾く奏法は、

レガートといってとても大事な奏法です。

8分音符をリズム打ちしたり、

テキストの曲をたくさんリズム打ちしたりしました。

 

レッスン風景♪

160615DSC03834

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、1年生のAちゃん。

新しい曲の譜読みができていました。

宿題だけでなく、先まで弾いていましたね。えらい☆

宿題は、これがきっちりできたら

先に進めるという内容にしています。

なので、できるようになったら、

先に進んでみるのはとってもいいことです。

メロディーのスラーやスタッカートの表情、

伴奏のカデンツの表情を意識します。

そのために、両手を弾きながら片方のパートを歌います。

脳をフルに使うから、勉強にも役立ちます^^!

新曲の分析もしました。

弾き始める時は、いつも全体をつかんでから弾こう♪

 

160615DSC03841

次は、プレピアノコース、年中さんのTくん。

来るなり「キツネができるようになった!」と

見せてくれました♪

じゃあ、歌に合わせてだんだん早くできるかな?

続けて、おうちでも動かしてみてね。

指番号で動かしたり、

番号を意識して一本指でピアノを弾いたり、

4分音符と2分音符のリズムを打ち分けたりしました。

「しんぶんおんぷ」と、名前も覚えていたね!スゴイ♪

似てるけど、「しぶおんぷ」で覚えようね^^

リズムに合わせて歩いたり、手を打ったりしました。

ドレミの歌も歌いました。

 

Page 1 / 212
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.