ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2017年4月

月別アーカイブ: 2017年4月

レッスン風景♫

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのHちゃん。

リズムのお部屋を数えてみよう。3つのや6つのがあるね。

お部屋の最初を、大きな音でリズム打ちできるかな。

リズム聴音もしました。

ピアノで弾く時は、スラーも見るんだったね。

元気な音、スラーの終わりのやさしい音が出せるかな。

「くもはながれる」という曲は、やさしい音だったね。

どんな雲だったのかな?「ふわふわしてるから」

じゃあ、入道雲っていう大きな大きな雲だったらどう弾くかな?

「強い音」クイズにしてあてっこしました。

2度、3度をワークブックに書いたり、

鍵盤で弾いたりしました。

レッスン風景♡

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのTくん。

昨日もリズム打ちを頑張ります。

先週言った、「たーあー」はのばして、

「しー」は、何もない音を聴けています。

両手でも合わせてみよう!

最初は難しかったけど、

何回も一緒にしたらできましたね。

次は、一つのお部屋(小節)の中で

最初の音を大きく打ってみよう。

拍子を感じる練習です。

小学生のお姉ちゃんと一緒にできましたね。スゴイ!

「お団子(線の音)」「そり(間の音)」も読んでみよう。

 

次は、ピアノコース2年生のAちゃん。

パレードの曲をTくんに聴いてもらいます。

表現できたかな?もっと表現の幅を出せるよ。

本当にスタッカートになってるかな?

スタッカートは何のためかな?

問いかけるとちゃんと分かります。

最後はママにも披露しました。

拍子感でのリズム、24調のポジション、

楽語の復習もしました。

楽語は、似たものや反対の言葉をセットで覚えるんだね。

でも一番大事なのは、いい音かヘンな音かが分かるということ。

音楽をイメージしてとらえてね。

 

次は、ピアノコース3年生のAくん。

宿題の曲を弾いてきていました。言われたことは全部できてる?

「あ、これ忘れてた」これ、の名前は何かな?意味は?

復習タイム。似たような言葉や意味を確認します。

落ち着いて、記号が

演奏の順番なのか、強弱なのか、考えて。

セットで復習すると分かるでしょ。

フォルテやピアノ、スラーにも気をつけます。

本当にスラーになってるかな?スラーの終わりはどう弾くかな?

とっても素敵な演奏になりました!

「短くても素敵な曲になるんだね」

そう!!それが分かってもらえてとっても嬉しいです♪

 

次は、ピアノコース2年生のMちゃん。

ピアノやフォルテに気をつけて弾きます。

でもね、ピアノやフォルテはずっと同じじゃなくて、

の中に表情があるんだよ。

フォルテでも、怒ったような音だとヘンでしょう。

自分の演奏を「あっ、怒った音になっちゃった」と

弾き直すことができました。

1回目で、ピアノとフォルテの違いが出せるかな。

最後の音をどこまでのばすかも聴けるかな。

習った言葉や、注意を一つ一つメモするMちゃん。

そうして覚えていくんだね。でも、音楽は書ききらないんだよ。

これからは、耳でしっかり覚えていこうね。

生野銀山

先日、兵庫県の生野銀山というところに行きました。

1200年前から銀を掘っていた山です。

信長や秀吉も掘らせているし、

昭和47年まで掘っていたから、

つい最近まで掘っていたことになります。

 

どうせ穴の中に入るだけだなんて思っていたら、

大間違いだったのです。

固い岩を、のみ一本で掘った、ぎりぎり通れる通路。

それが、暗闇の中縦横無尽にあります。

比較的広い通路は落盤を防ぐため、木材などで支えてあります。

空気も悪かったようで、うちわで(!)あおいで、

湿度や換気を調整していたらしい。

地下何層にもわたって、

堀り進み、地下水を汲みだし、換気し、石を運ぶのです。

事故になったら大事態なので、

空気穴や通路を設計する人もいたらしい。

今のような機械もない時代に、

よくもまあこれだけ根気と工夫で掘ってきたものだと驚きました。

 

外には、お参りするところがあって、

無事故を祈願したそうです。

本当に祈りだっただろうと思います。

 

教科書だったら「秀吉は銀山を管轄し云々」、

へーそうなんだ、で素通りしたものですが、

実際に穴に入って見ると、労働者の苦労たるや、

並大抵ではなかったとその迫力に驚いたのです。

 

そして、事故につながるこれらの仕事は、

相手への信頼がないとできないとありました。

今だったら、

責任を人任せにしたり、

聞いてなかったと言って見たり、

この分についてはお金もらってないからと

言ったりすることでしょう。

そんな、割り切った仕事じゃなくて、

全身全霊で仕事をしてきたから、

これだけの仕事ができたのだと思います。

昔の人だから、機械もないし遅れているなんかじゃなくて、

きっと今にはない心持ちというのがあったのでしょう。

今学校に対して完全に不信に陥っています。

そんなこともあり、

余計に銀山を拓いた人たちに感動を覚えました。

 

ちなみに写真は、玄武洞というところです。

自然の技と、その年月に思いを馳せたことでした。

 

 

レッスン風景☆

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のKちゃん。

左手の指番号は動かせるね。

じゃあピアノで弾いてみよう。

2度上がる、2度下がる、3度上がる、3度下りるが弾けるかな。

次は楽譜を見て、上がると下がる、2度か3度かを読んでみよう。

間違ってもいいよ。恥ずかしがらないで大丈夫。

どうしたらできるようになるかな?「練習する」

そうだね、間違えてもいいから

何回も練習したらできるようになるね。

リズム打ちもしてみよう。1冊全部をリズム打ちしました。

ほら、得意もあるでしょ?今まで練習したからだよ。

おうちでも、プリントやリズム打ちをしてこよう。

 

次は、ピアノコース1年生のMちゃん。

線と間のプリントができています。

2度と3度も覚えたね。

じゃあ弾いてみよう。手を見ずに音程で弾けるかな。

今度は、曲を弾いてみよう。スラーはどうするのかな。

元気な曲だから、

元気な音と、スラーの終わりのやさしい音が出せるかな。

素敵に弾けましたね。

素敵な弾き方とヘンな弾き方をクイズにしました。

フラットも習って、いろんなポジションで弾けます。

「これは白」「こっちは黒」など

音色の違いを感じることができました。おうちでも試してみよう。

 

次は、ピアノコース2年生のYちゃん。

歌って弾いてきています。耳でもよく聴こう。

まずリズムをしっかり打って、

スラーも本当に弾けているか聴いてみよう。

よく聴くと分かりましたね。おうちでもきれいな方で弾くんだよ。

スラーとタイも似てるけど、違うね。

フォルテとピアノも思い出そう。これもセットで覚えるんだよ。

新しい曲にも書いてあるね。譜読みもしてみよう。

「あ〃~難しそう、できん」

まずリズムはできるでしょう。

上がる下がるで読んで同じところと、音程も分かるでしょう。

ほら弾けるでしょう?

「難しい」→「できそう」から取り組むと、弾けるんだね^^

レッスン風景♪

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのHちゃん。

自分でどんどんリズムのワークをしています。

「た」「たた」「たたた」のカードを並べて、

リズム打ちができるかな?

両手で違うリズムが打てるかな?

リズムのお部屋を、壁を書いて分けるのもしました。

ピアノでは、スラーのところに歌詞を書いて、歌います。

歌っているつもりで弾いてみよう。

そして、やさしい音、元気な音で弾き分けてみよう。

クイズにできるかな?

聴いている人が分かるように、弾き分けることができました。

おうちでも、歌うつもりで弾いてみよう!

レッスン風景☆

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のTちゃん。

リズムを打って、手は見ずに弾いてくることができました。

練習シールも自分で確認できています。

じゃあ、歩く弾き方(スラー)と、ジャンプ(スタッカート)は

どう弾くのかな?

楽譜にも書いてあるから、歌詞をつけてみよう。どう弾くかな?

よく聴きながらゆっくり弾いてみよう。

「素敵な音じゃなくて、憎い音になっちゃった」

大人な言葉を知ってますね~^^!

納得すると一度に理解が進みます。

そのいい耳をサボらせないように(笑)、

お家でもよく聴きながら弾いてみよう。

 

レッスン風景♫

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのTくん。

指番号で動かせますね。手を見ずにできます。

リズムは大丈夫かな?すごい集中で頑張ります。

じゃあ、ピアノでリズム打ちができるかな。

いろんな指で弾きます。「たーあー」など長い音は、

途中で切れてないかな?

最後の音も途中で切れてないかな?

「しー」のところでは、音がなくなるんだよ。

指を鍵盤の上まで上げないとできないね。

これらに気をつけて弾くことができました。

違うリズムを一緒に弾くのもできました。

 

次は、ピアノコース2年生のAちゃん。

マーチとスカボローフェアの曲の違いが、

表現できるようになってきました。

パレードの曲では、フォルテシモが出てきます。

最初よりぐっと近づいてきてるんだね。

そして遠ざかって、見えなくなる。

最後は、見えなくなったのをまだ見ているところ

=休符=「間」もあります。

その変化を、映像を見ているように

自分で出せるように弾こう。

ワークブックで曲の形式も復習しました。

3連符の曲も復習のつもりで弾いてみよう。

 

次は、ピアノコース3年生のAくん。

リズム+手を見ないことに気をつけて練習できています。

その調子!

じゃあ、スラーってどういう意味だったかな?

タイとは違うね。どこが違うのかな。

自分でも確かめます。繰り返し出てくるから覚えよう。

強弱記号も見てみよう。

二人の人がお話してるんだね。声色を変えて弾いてごらん。

すごく変化が出て、すてきな演奏になりました。

初見で、カンタンな曲があっても、

表現できないほど早くにならないように弾こう。

 

次は、ピアノコース2年生のMちゃん。

音の上がり下がりが表現できています。

今度は、強弱記号も見て弾こう。

フォルテは元気にという意味だけど、

その中にも上ると下りるの表情があるよ。

ピアノは優しくという意味だけど、

その中にも表情があるよ。

リズム打ちもしました。両ひざでできますね。

4度の見方もレッスンしました。

2度と3度が分かったら読めるね。

難しいところがあっても、

リズム打ちなどできるところは自分で頑張ってみよう。

レッスン風景♪

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース4年生のHちゃん。

を弾く時、イメージを思い浮かべてできたかな?

思い浮かべた音と、

そうでない音の違いがよく分かっているから、

お家でも思い浮かべて弾こうね。

場面の違いを、体験に結びつけて弾きました。

強弱の違いは、気分の違いだよ。

スラーとスタッカートも、感じが違うね。

ポジションを変えて(移調して)も弾けました!

雰囲気が違うのも感じています。

調性カードを見ながら何の調かあてていきます。

ピアノを弾かずに言えるかな?

 

続いてのリトミックコースでは、

リズム打ち、譜読みをします。

譜読みは、臨時記号を見て、長調と短調を理解します。

音をイメージして歌ってみよう。

長3度と短3度の聴音もしました。

レッスン風景♡

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のKちゃん。

曲の表情を感じて弾いています。

シャープとフラット、ナチュラルを覚えます。

曲の中では手の感覚で弾いて、手を見ないで弾くんだよ。

左手の指番号は大丈夫かな?

右手と一緒にならないよう、指番号の歌で左手だけ練習しよう。

線の音、間の音→2度と3度も覚えます。

弾いてみて、指の感覚を覚えてます。

楽譜を見て、上がる下がるや、2度と3度を読んでみよう。

そうしたら弾けますね。

プリントの曲で試してみよう。

 

次は、ピアノコース1年生のMちゃん。

両手の指1本ずつでリズム打ちをします。

「たーあー」が最後までのばせました。

終わりの音も、どこまでのばすかよく聴いてね。

曲にはスラーもあるね。歌詞だとつなげて歌うでしょ?

弾く時も、心で歌ってる時と、歌ってない時は音が違うね。

歌ってるつもりで弾こう。

シャープの出てくるポジションでは、

楽しい(長調)のと、悲しい(短調)のを発見できました。

音色も変えてみよう!

楽しい音、悲しい音が出せるかな。

 

次は、ピアノコース2年生のYちゃん。

音の表情を意識して練習しています。

フォルテ(元気に)や、ピアノ(やさしく)の

記号も覚えよう。

フォルテシモ、ピアニシモだと、意味が強くなるよ。

曲の題もイメージすると、どんな感じになるかな?

同じ「雨」の曲でも、いろんな雨の感じが出せるでしょ?

楽譜を見ながら、上がり下がりと音程を

読む練習もしました。

一つ一つの音を読むのではなく、まとまりで見るんだね。

そうやって譜読みすると、弾けましたね。

弾く時は、歌って弾こう!

鳥取市の隠れ家レストラン

桜が散り急いでしまいました。

でも、来年咲くつぼみはもう決まっているんですって。

目立たなくても、

ちゃんと準備されているんですね。

自然はすごいなぁ。

 

先日の夜、

要求ばかりする子どもと、ダメ出しばかりする夫に

キレて、一人レストランに出かけました。

ご飯なんかもう作る気しないわ。

今日は一人で美味しいもの食べようっと。

一人でも行ける落ち着いた雰囲気で、美味しいところ。

それは「アイワナドゥ岩戸」です。

あ~、途中立ったり座ったりすることなく、

サーブしてもらってゆっくり食べられる幸せ。

器もアジアンな感じが、お料理とマッチしていて素敵。

家だと器をゆっくり眺めてなんかいられないもんね。

食後のチャイもゆっくりいただいて、元気が出てきた感じ。

外に出ると、

晴れた夜空に星が光っていました。

周りには海が広がってとても静かです。

少しは充電できたかな。帰るとやっぱりイライラするかも・・・(-_-;)

 

ちなみにこれは平日の夜です。

土日はもっと人がいますが、

グループで行っても楽しめるお店です^^

 

Page 1 / 212
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.