ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 2017年10月

月別アーカイブ: 2017年10月

レッスン風景♫

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のMちゃん。

前回、発表会の曲を通して弾いた時より、

上手になっていますね。手の移動も早くなりました。

じゃあ、左右のバランスはどうだった?「・・・」。

OKって言えるように弾いてみよう。

はっきりとメロディーが出せましたね。

それを最初の音から出してごらん。

ポジションが上がっていくところは、

どんな気持ちになるのかな?「たのしいきもち」

その音を表現してみよう!

おうちでもその音で弾くんだよ!

 

次は、ピアノコース2年生のYちゃん。

発表会の曲に慣れてきたけど、

指が勝手に動かないように!

リズムを正確にとる、歌いながら弾く、

場面ごとのイメージなど、全部思い出して練習するんだよ。

忘れて練習したら、いい音にならないから、

ヘンな癖がついて悪い練習になってしまうよ。

新曲の譜読みも、

気がつかなかったところや癖を直します。

あとは、自分で気をつけるんだよ。

VTRで演奏チェックもしました。

レッスン風景♪

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのHちゃん。

発表会の曲を通して弾きます。

会場は広いから、音を響かせるつもりで、

思い切って弾こう。

腕を使って、肩からの重さを伝えるつもりで弾きます。

飛行機が離陸、着陸するところは、

腕を大きな筆のように使って弾くんだよ。

メロディーを歌いながら弾いてごらん。

息ができるでしょう。音楽は息つぎがいるんだよ。

マイナーの5指のポジションも、弾きました。

12の調で探せるかな。

 

レッスン風景♡

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のTちゃん。

丁寧に弾いてきていますね。

じゃあ、右手と左手のバランスをもっと出してみよう!

最後の音を伸ばすところ、

手を上げるところまで、よく聴くこと。

最後がパパっと終わっちゃうともったいないね。

きれいに弾けると「今のきれい~!」と分かったね。

自分で分かることが大事。

いつもその音で弾くんだよ。

できない時に、ピアノに当たってはダメだよ!

愉快なマーチは、続きも忘れず弾く練習をしよう。

 

次は、プレピアノコース年長さんのKちゃん。

イラストを見て、12個のポジションで弾きます。

発表会は、そのうちの5つのポジションで弾きます。

黒鍵の数をよく見て。

ママに見てもらいながら、自分で探すんだよ。

2曲あるので、リズムを間違えないように。

VTRに撮って、見てみました。

止まったところや、間違えてしまうところ、

椅子に足を引っかけたりしているのが、

自分でも分かるでしょう。

繰り返し練習しよう。

レッスン風景☆

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのTくん。

発表会の曲を通して弾きます。

時々音が聞こえませんね。

さみしい曲でも、聞こえないのはダメだよ。

全部の音が聞こえるように。

元気な曲では、指をトンネルの形にして弾こう。

手がぺったんこだと音が出ないんだよ。

スタッカートは、体でなく、指でジャンプしよう。

先生と連弾するから、

一人で先に弾いたり終わったりしないよ。

ビデオに撮って、おじぎや演奏をチェックしました。

 

次は、ピアノコース3年生Aくん。

左手を、スタッカートでキープします。

勇ましい音だよ。

指先は固めに、腕を使って、ジャンプしよう。

あれこれ考えないで、

とにかく音に出す。思い切って弾く。

だんだん勢いが出てきました。

この感触を覚えておこう。

自分の「イイ」と、先生の「イイ」が一緒になるよう、

練習するんだよ。

自転車の曲、波の曲は

とてもきれいに表現できていました。

続いてのリトミックコースでは、

自分の役割、相手とのバランスを考えて弾きます。

何度も繰り返すうち、きれいになってきました。

出だしの呼吸もそろってきました。

 

次は、ピアノコース2年生のMちゃん。

曲ごとの表情がだんだん出てきました。

元気な曲では、

スラーの出だしの音をもう少しはっきりと。

そのために3の指先がつぶれないで、立てて弾く。

ワルツはしとやかなので、

指先を筆のように思って弾く。

3拍子の2、3拍は、重くならないように。

スタッカートの弾き方では、

腕を使って弾くのを練習しました。

どの音がいいか悪いか分かってきたので、

いい音で練習しよう。

レッスン風景♡

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース4年生のHちゃん。

拍子を感じて弾くのと合わせて、

手首を使って「落とす」「上げる」をします。

肩からの重さが指先に伝わるよう、

指先はクリアな感覚を失わないで、

手首はやわらかくしよう。感覚を忘れないでね。

練習は、まず1音ずつで感覚を思い出そう。

これからは、どの曲にも出てくる弾き方だよ。

音階の作りを勉強します。

全音と半音の組み合わせでできているんだよ。

12個のメジャーの音階で確かめました。

半音階や全音階もあるんだね。

レッスン風景♫

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のMちゃん。

メロディーと伴奏のバランスは、ピアノでは、

思ったよりずっと変えないと変わらないね。

メロディーを元気な音で弾いてごらん。

曲の最後も、手を膝に降ろすまでが音楽だよ。

途中で気が抜けると、音にも出てしまうんだよ。

人前で弾くということは、

「これくらいでいいか」ではなくて、

ピカピカにきれいなのをプレゼントするということなんだ。

Mちゃんは、もっとできるから注意されるんだよ。

どこまで頑張れるかな。

 

次は、ピアノコース2年生のYちゃん。

発表会の曲が、とてもいい音で弾けています。

あとは、リズムに気をつけて。

スタッカートはジャンプするつもりで、

上から叩かず、弾いてみよう。

スタッカートは、いろんな曲に出てくるよ。

新しい曲の譜読みもできました。

譜読みが、どんどんできるようになりましたね。

スタッカートだけでなく、スラーも見るんだよ。

リズムはいつも最初によく叩いて、

その通りに弾くんだよ。

音符を見て、弾いて当てる練習をしました。

レッスン風景☆

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのHちゃん。

1回目で、集中した演奏ができました!

3曲とも、イメージが伝わる演奏でした。

本番まで、さらに良くなるから、頑張ろう♪

ポジションの移動のポイントを練習します。

おしりを動かさないで、

おしりの骨で重さをしっかり支えるんだよ。

それに乗っかって、やじろべえのように、

体がバランスをとるんだよ。

飛行機の曲も、支えを意識して弾きました。

和音の聴音もしました。

レッスン風景♪

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース1年生のTちゃん。

音は鳴っているのですが、

今までの注意を思い出して練習しているかな。

とりあえず間違えずに弾けたらOKではないのですよ。

音に心がこもっているか、

一生懸命表現しようとしているかを見ているのです。

何度も繰り返し弾きます。

心が音に乗ったら、きれいな音になったでしょう?

自分でもすぐ分かったでしょう?それを練習しなくちゃ!

きれいな音が分かる耳を持っているんだから、

無造作に弾いて耳をサビさせないこと!

 

次は、プレピアノコース年長さんのKちゃん。

いろんなポジションで弾いてみよう。

いろんなパンの曲になるでしょ。

イラストを見ながら、ポジションを探せるかな。

12個全部探せたね!

左手の指番号も動かして、ピアノを弾きました。

おうちでも、左の指をたくさん動かしてみよう。

右と左ゲームもね。

5指を使う曲もポジションを変えて弾きました。

両手のリズム打ちもしました。

レッスン風景♫

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース年長さんのTくん。

新しい本の曲を弾いてきました。

「かんたんにできる!」本当だ、すらすら指が動くね。

じゃあ、どんな曲か見てみよう。

元気な曲は、その音でいいかな。

さみしい曲はその音でいいかな。

自分でいいか悪いか分かるでしょう。

そしたら、今度はいい音で練習しよう。

きれいにするために、

言葉のまとまり=スラーと、ジャンプ=スタッカートで弾きました。

 

次は、ピアノコース3年生のAくん。

野性的な音で、和音のテンポキープをしよう。

そのためには、指先は固く、腕は楽にして、

腕でもジャンプするつもりで弾こう。

波の曲でも、腕を筆のように使うね。最後の音までだよ。

最後の音は、

ピアノの中から響くのを聴いてから手を上げる。

自転車の曲では、スラーの弾き方を思い出そう。

習ったことは思い出して、歌詞も見て、

その音が出ているか、いいか悪いか聴きながら練習するんだよ。

続いてのリトミックコースでは、

連弾曲を最後まで通しました。

相手との音量を聴いて。

伴奏はスタッカート、テンポキープで!

メロディーは、音の上がり下がりの表情を感じて!

 

次は、ピアノコース2年生のMちゃん。

心で歌ってから、弾き始めるのはいいですね。

でも、スラーの弾き方など、

同じタッチでは弾かないという、その感覚をしっかり覚えよう。

はっきり弾くときも、

曲によって指の力加減(タッチ)は違ってくる。

そして、スタッカートや、ワルツの最後では、

肩や腕も、楽にして大きく使うんだね。

半円で移動するところもあります。

何度も繰り返し練習しました。

あとはおうちでどれだけ思い出せるかだよ。

レッスン風景♪

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース4年生のHちゃん。

拍子感をはっきり指に伝えられるまで、あと一歩!

番は緊張するから、レッスンでしたことを

どれだけ練習で思い出せるかがポイントだよ。

いつも通して弾かないで、注意された練習をしよう。

ポイントは、「落としたら上がる」だったね。

全部の音を頑張らないで、

落とす音がしっかり入ったら、後は楽にする。

れを練習しよう。

「お気に入り」の曲では、自慢する気持ちを忘れずに♡

Page 1 / 3123
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.