ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • レッスン

レッスン

レッスン風景♪

150728DSC00693

夏休みが始まりました!

今日のレッスン風景です。

ピアノコース、1年生のAくん。

今日はシャープ(♯)を習いました。

♯は、こんなところにもあるよ!

携帯を見て探します。

ノートにも書いてみました。

作曲?もします!題して「シャープがついたうた」

音符に♯も書いて、私が弾きます。

摩訶不思議な響きだったね~(笑)!

自分で弾く時、指が鍵盤からはみ出さずに弾くコツも話しました♪

すると、すぐできるのには本人もビックリ!

こんなに納得してくれて私も嬉しいです♡

 

150728DSC00681

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

ビートのキープができてきました!

リトミックコースでもしっかりキープの活動をしているので、

ピアノで弾いても感覚がつかめてきました☆

右手でメロディーを弾きながら、左手で付点のリズムを弾いても

ぎこちなくならないんですね。

付点のリズムは、ビートあってのノリなので、

演奏に勢いが出てきました!

じゃあ、今までのいろんな付点のリズムも叩いてみよう!

リズムカードを見なくても、

笑顔で叩く余裕も出てきていますね♪

150728DSC00678

続いてのリトミックコースでは、

ビートでボールを渡しながら、

一人がメロディー、一人が裏拍を歌って、

途中チェンジもしてみました。

ふふふ、歌いながらボールがキープできるかな?

発表会の歌のキメのポーズも決まりました。

約1名、ヘンなポーズの生徒がいますね(^^;

 

レッスン風景♪

150724DSC00813 - Copy

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

今日もピアノを聴いて歩きます。

ピアノがストップしたらKちゃんもストップ!

ポーズもバリエーションが増えてきました♪

走っていてストップもできましたね☆

歌もたくさん歌いました!

テキストを自分でめくってどんどん歌いたかったのですが(笑)、

発表会の歌も歌いました。とても元気な声です☆

メロディーに合わせて、

伴奏のリズムを弾きながらの歌も歌いました。

しっかりリズムがキープできていましたね。

今度は他の曲でも試してみようね♪

 

プレピアノコースは、

特にお子さんのペースを大事にレッスンしています。

だんだんに慣れて、

どんなことができるようになるか、

どんなところで笑顔を見せてくれるか

楽しみにしながらレッスンしています☆

レッスンの内容例 ブラッシュアップコース

150714DSC00601

なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

ブラッシュアップコース

ピアノ指導者の方が対象です。

 

このコースは、

ピアノの先生が、

疑問を感じたり、

もう少し勉強したいなと思ったときに、

即レッスンで実践でき、役立つようにと

設けたコースです。

伴奏や模範演奏を弾く時に大きな力になります。

もちろん教える際にも役立ちます。

 

ピアノの先生は、一人の仕事なので、

疑問を感じても、なかなか思い切って勉強する機会が少ない。

都会ならともかく、鳥取ではその傾向が強いと思います。

それならば、

私で役に立てることがあるのではないか、

いろいろな方法をお伝えできるのではないか

と思ったのです。

ですので、このコースは個々の先生が

疑問に思っていることをひも解く形で進めます。

ちょっとした疑問でも構いません。

疑問が解決したと思えたら、

その時点でレッスンは終了になります。

ボディマップ(脱力)とコードは大きな手掛かりです。
脱力をレッスンで実践するためには、
 感覚と理論を結びつけることが大切です。

 

そのために、

アレクサンダーテクニークの考え方と、

ボディマップという手法を用いてレッスンします。

また、

コードはポピュラーだけでなく、

曲の大きな流れを把握したり、伴奏や、即興にも

幅広く役立ちます。

ブラッシュアップコースは、

脱力とコードを切り口に、

先生自身の演奏や、指導に生かせるよう、

レッスンを進めていきます。

 

今までしり込みしていたけど、

勉強してみたいという先生に、ぜひおすすめします。

レッスンも、

気持ちもパワーアップすること請け合いです!(^^)!

レッスン風景☆

150721DSC00647

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

昨日は、今まで歌った曲を自分で弾いていました!

3曲も「挑戦」してみたそうです☆

そう、なんでも「挑戦」してみるといいよ!

指番号も自分で考えて弾いていました☆

小節(お部屋)の数え方も覚えていたので、

いろんな曲で数えてみました。

テキストに書きながら、真剣です!

次は発表会の曲が弾けそうだね♪

 

150721DSC00652

次は、ピアノコース、1年生のAくん。

今週も練習が毎日できたので、

ごほうびシールが貼れました☆

頑張ったから、弾けるところが増えてきたね♪

ドレミも早く読めるようになったので、秒を書き込んでいます。

リズムにもチャレンジ!

3つのリズムを聴いて歩き、

カードで音符の名前も覚えます。

カードを並べ替えても、リズムが打てたね!

できると、とっても嬉しそうな表情のAくんです♪

 

150721DSC00660

次は、ピアノコース2年生のHちゃん。

伴奏が同じ間隔のところを、両手で弾いてみます。

弾く場所をいろいろ変えたらどんな音になるかな?

「やさしさに包まれたなら」が

「明るさ(まぶしさ→どちらも素敵ですね!)に包まれたなら」

「恐怖に包まれたなら」(笑)

「香りに包まれたなら」

と、いろんな言葉が出ました。

言葉を良く知ってて、音楽にぴったりだったね☆

ドレミカードは、ヘ音記号も早く読めるようになりました♪

150721DSC00653

リトミックコースでは、

引き続きビートをキープする練習です。

裏打ちも入れてみました。つられずできるかな?

 

昨日は、発表会で歌うキメのポーズを、

考えてもらいました。

この2人は↑この通り(笑)。

みんなのアイデアも生かした発表会に

しようと思っています☆

レッスンの内容例 大人コース

150720DSC00633

昨日は、わらべ館の

「木の形と音あそび展」に行きました。

ユニークな木のおもちゃで、子どもも大人も楽しめました。

木は手触りもいいですね。

私はやっぱり

音が出るおもちゃに引き寄せられてしまいます(笑)。

そうしたら、なんと製作者の

つちやあゆみさんがおられ、お話しすることができました。

音楽にあこがれがあるので、

遊び心を加えながら、音の出る作品を作られるそうです。

見た目にもとてもかわいい作品でした☆

 

それでは、なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

大人コース

高校生以上の方が対象です。

 

このコースは、

プレピアノコース、ピアノコースと違って、

好きな曲から始めます。

初心者でも弾けるよう、アレンジして、

好きな曲を積み重ねていきます。

基礎を習得するのもとても大事ですが、

大人の方は、時間がない場合がほとんど。

ならば、

限られた時間の中で楽しく続けながら、

徐々に知識も身につけていただこう

というのがねらいです。

指がなかなか回らなくても、

編曲次第でカバーすることも可能です。

楽譜が読めない方にも、

分かりやすくお伝えしますので、ご安心ください。

 

1曲集中コース

まずはお試して習ってみたい!

イベントで弾きたい曲がある!

という方向けのコースです。

主にアレンジ譜を使って、1曲を3ヶ月で仕上げます。

 

大人の方は、

経験を重ねておられる分、イメージが豊かです。

何より、

ピアノにあこがれていた方がほとんどなので、

脱力や、読譜のコツさえ分かれば、

いい音で楽器を奏でることも可能です。

気持ちは楽器に伝わります。

 

音楽をすると、

とても豊かな気持ちになれます。

これまで迷っていた方がおられたら、

音楽を人生の友として、ぜひお勧めしたいと思います。

 

次は、

ピアノの先生のためのコースについて書きたいと思います。

レッスン風景☆

150717DSC00771-2

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

ピアノに合わせてお散歩します。

歩く速さと、ゆっくり山登りの速さもあります。

しっかり聴き分けて歩けるようになったね☆

ピアノを聴いて、波の強弱を聴き分ける活動もしました♪

音楽の波は、大きいのもこわくないよ~!

歌も、しっかり大きな声で歌えるようになりました☆

とってもいい声です♪

これからどんな元気な声になるか楽しみです!

今日は、レッスン前後のおじぎを

ピアノに合わせてしました。

レッスンの「できた!」を

発表会につなげていきたいと思います☆

レッスン風景♪

150714DSC00609

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

来るなり、先週の曲当てクイズは

「やっぱりたなばただった~!」とやる気満々です☆

ドレミが読めて、リズムボールも叩けるようになり

ピアノに向かう時間が増えてきました!

左右の指も番号で動かせます!

お山の形もキープできたね。

嬉しかったのは

「ピアノのふた、そーっと(開け閉め)できる!」と、

ていねいな扱いができるようになってきたことです。

そう、ピアノと楽しく過ごしたいと思ったら、

大事にできるよね♡

 

150714DSC00612

次はピアノコース、1年生のAくん。

ピアノを弾く宿題が毎日できていたので、

ごほうびシールが貼れました♪

その調子で弾こう!

昨日は発表会の曲を渡しました。

早速ドレミを読んで、弾きます☆

今まで言ってきたタッチポイントや、

鍵盤の上に手を置いておくというのを

クイズで見比べると、気をつけて弾くことができました!

集中して向かえたね♪

合い間に、Aくんの得意な拍子当てクイズ!

お気に入りのゆり椅子でゆらゆらしながら考えます☆

 

150714DSC00619

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

付点のリズムを弾くために、

「ビート」を感じる練習をしています。

どんなリズムも、一定のテンポがあってこそ生きてきます。

心臓の鼓動と一緒ですね。

いつも同じテンポというのがポイントです!

(勉強していくと、心臓と同じように、テンポも

時々アップダウンします。ここまでくるとスゴイですよ!!)

というわけで、昨日は、左手にカスタネットを持ち、

ビートをキープしながらメロディーを弾きました。

Hちゃんも面白がって、カチカチ♪とキープできました☆

左右違うリズムは難しかったけど、

ずいぶん力が抜けてきましたね☆

150714DSC00628

リトミックコースでも、ビートがテーマです。

2人でボールを渡しながら歌います。

合図で歌をストップしますが、

この時もボールは一定のテンポで渡し続けます。

昨日はだいぶんできるようになったので、

歌を変えて、2人の発表会の曲で歌ってみました。

終わってからのこの顔(笑)!

 

さあ、夏休みも近づいてきました。

生活リズムもいつもと違ってくると思いますが、

発表会に向けて練習がんばろうね!

レッスンの内容例 ピアノコース

150712DSC00689

 なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

ピアノコース

小学生以上のお子さんが対象です。

 

最初の教材には、

主にピアノランドシリーズを使います。

理由は、

日本語に合わせたメロディーで、歌いやすいのと、

連弾になっているので、楽しいからです。

歌いながら、読譜、リズムを習得していきます。

楽譜を分析して理解することも覚えます。

リズム習得のために、リトミックも取り入れています。

 

進んできたら、

スケール、カデンツといった調性を知ります。

このころから練習曲も渡します。

曲のほうは、ブルグミュラーなど、

タイトルのついた短いものを選んでいます。

イメージを表現につなげていくためです。

表現のためのテクニックや、脱力も学びます。

グレード受験もお勧めしていきます。

 

次の段階になると、

コード(和音の記号)にも触れていきます。

ポピュラーなものによく使われているので、

できるようになると、

・メロディ譜を見て伴奏がつけられる

・曲によっては弾きやすいようアレンジもできる

など、将来的にも楽しく弾けるようになります。

合わせて、

ポリフォニー(輪唱のようにメロディーが2つ以上ある)も

弾きます。

西洋音楽の原点であり、

ポップスでも、音楽の面白さを格段に増してくれます。

クラシックの

古典もの、現代ものもレパートリーに入ってきます。

 

リトミックコース

このコースは、

ピアノコースを習っている生徒さんに

オプションで追加できるコースです。

2人以上で行います。

・リズム感がより定着する

・聴音(音を聴きとって楽譜にする)ができる

・連弾で、相手の呼吸を見計らうことができる

・1人より2人以上の方がニガテ感なく取り組める

ことから設けたコースです。

・拍子(指揮)

・即興

・ポリフォニー

などにも取り組みます。

楽譜上の音を追うだけでなく、

楽譜の意図を理解できるので、

ピアノのみならず、

将来、吹奏楽、合唱など、

アンサンブルをする時にも役立ちます。

 

いずれのコースも、

段階ごとに線引きしているわけではないので、

最初に決めたレッスン時間で、足らなくなってきたら、

時間の延長を提案させていただきます。

 

生涯にわたり、好きな曲が自分で弾ける。

音楽の奥深さも感じられる。

そのために、

基礎的な知識、技術を身につけられるよう

レッスンしています。

技術の一つに、脱力やコードを取り入れているのも

なわた音楽教室の特長です。

 

次回は、大人コースについて書いてみたいと思います。

レッスンの内容例 プレピアノコース

150712DSC00686

昨日は、海水浴に行ってきました。

波も穏やかで、きれいな水でした☆

昨日はまだ人も少なく、ゆったりとしていました。

 

それでは、なわた音楽教室のレッスン内容例です♪

 

プレピアノコース

ピアノが初めての幼児さんが対象です。

ある程度の時間、

聴くことができるようになってからのスタートを

お勧めしています。

(目安としては5才くらいかと思います。)

 

手遊び・・・手の形を作るゲームや、

      左右を意識するゲームをします。

                 ピアノが弾けるようになるための

      手の準備です。

リズム・・・ピアノを聴きながら、音の有る無しを      

                  聴き分けます。

      休符も音楽の大事な要素です。

強弱・・・・動物さんになって強弱を表現します。

      理屈より体験で覚えます。

音符・・・・ドレミファソラシの名前を知ります。

      音符で表すことも知ります。 

鑑賞・・・・クイズにして演奏を聴きます。

      一番大切な、音に対する感覚=耳作りです。

 

これは一例なので、

この内容通りというわけではありませんが、

プレピアノコースは

ピアノにスムーズに移行していくために、

リトミックを柱とした内容になっていて、

それぞれの活動には目的がある

ことがお分かりいただけると思います。

ピアノを弾くことは、

たくさんの要素を一度にこなす、とても複雑な活動です。

そのため、このコースでは、

リトミックで音楽を体験しながら、

手の形作り、

読譜の準備、

聴き分けることができる耳作り

の3つにピアノの要素を分けて、レッスンをしています。

単純な活動から入るので、

癖もつきにくく、読譜も容易になります。

ピアノには、本格的に弾くというより、

感触や音色を楽しむという目的で、触れていきます。

 

次回は、

ピアノコースの内容について書いてみたいと思います。
 

レッスン風景♪

150710DSC00577

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

手遊びもずいぶん覚えてできるようになりました☆

ぐーぱーたいそうはバッチリだね!

今日は動物さんになって、強弱と高低を体験しました。

フェイントにも引っかからなかったね~(笑)!

ピアノでは、お星さまや流れ星を表現しました。

手をすべらせて弾くグリッサンドがお気に入りです。

Kちゃんは鑑賞が好きなようで、

いつもじっと聴き入っています。

この通りのお顔です!(ちょっと緊張ぎみかな?)

いいお耳は上手になる一歩です☆

大きな声でしっかり答えられるKちゃん。

来週も元気な声を楽しみにしていますね♪

Page 63 / 67«626364»
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.