ピアノを通して成長を見守っていきませんか?~生きる力を育むために~

ブログ

カフェにて

150617DSC00348

先日は、久しぶりにカフェでゆっくりしてきました。

カフェ橅(ぶな)という、木立に囲まれたカフェです。

鹿野にあります。

小さな草花が歓迎してくれて、

お店に入ると、こんな感じ。

150617DSC00352

平日だったので、ランチをいただきました。

火・水は天然酵母パンのnichiカフェランチがいただけます。

ちなみに週末はカフェメニューです。ケーキも美味しいです。

緑の中で、風の音を聴きながら、

美味しい手作りランチを頂くと元気が出ます♪

 

カフェでは時々イベントもしています。

明後日の水曜日はヨガ+ランチができるそうです。

リラックスしながらヘルシーになれそうですね。

詳しくは「フェイスブック nichi cafe」で検索くださいね☆

ムジカピッコリーノ

150615DSC00289

今日はおすすめのTV番組です♪

「ムジカピッコリーノ」

Eテレ (金)17:35~17:45

再放送(土)8:25~8:35

音楽の記憶を忘れたピリオドモンストロを、

ムジカドクター(音楽のお医者さん)が、

あの手この手で治していくというお話です。

いろんなリズムや楽器、音楽の要素が楽しく紹介されます。

テレビならではの実験もありで、笑ったり感心したり。

大人が見ても十分楽しめますよ♪

放送は今日、再放送は明日です!

お見逃しなく♪

 

レッスン風景☆

150615DSC00306

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、3年生のKくん。

ずっと弾いてきたスケールの指使いが定着してきました。

 

スケールは全部で24こありますが、

指使いにはパターンがあるので、

弾きこんで慣れておくといいです。

読譜と、リズム、スケール(調性感)は、

音楽の基本の「型」なので、

早いうちにしっかり身につけておくといいのです。

あとは、指の形ですね。

指がアーチになるよう、つけねから動かします。

これもピアノの「型」なので、繰り返し言ってます!

 

毎日の練習が欠かせないので、

応援できるよう、私もいろいろ工夫を凝らしたいと思います♪

レッスン風景♪

150616DSC00328

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

宿題の曲当てクイズ、見事正解でした!頑張ったね♪

音符を読むだけではなく、お母さんの工夫で、

指番号をつけてもらって弾くこともできました!スゴイ☆

その勢いで、昨日は新しい曲も弾きました。

指番号で動かすのも、ずいぶん慣れてきたね♪

「休符」=「音を出さない」も覚えていて、

テキストにハートマーク♡

リズムボールをそーっとたたくことができました。

 

150616DSC00332

次はピアノコース、1年生のAくん。

ピアノの中をしっかり見たら、

いい音を出す「タッチポイント」に納得!

練習も毎日できて、タッチポイントで弾けたね☆

ト音記号とヘ音記号をノートに書きます。

スタートが違うと、違う記号になっちゃうよ!

「ちゃんと意味があるんだ~!」とまたまた納得!

音符も、線の上と間を書き分けています☆

たくさん書いた音符をピアノで弾くと、ごい現代音楽が(笑)!

 

150616DSC00336

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

メロディーと伴奏を弾き分けます。

メロディーの途中で息つぎしちゃうと、ヘンだね!

つなげると歌詞もつながって聴こえるね♪

聴き分けがよくできます☆

実際に弾く時もよ~く聴き分けられるので、素晴らしいです!

付点のリズムも、すぐたたけるようになりました。

リトミックでしていることが生きてきたね♪

ヘ音記号のドレミカードもスピードアップしたので、

増やしましたよ

150616DSC00347

続いてのリトミックコースは、

付点のリズムを3種類、聴き分けて動きます。

ひんぱんに変えたので、

最後はくたびれて、ごろ~ん(笑)☆

次は、つられないで動く活動もしますよ。

ピアノは左右がつられず動くので、

テンポ感を育てることと合わせて有効です♪

 

 

アイデンティティー vol. 2

150519DSC00093

前回の続きです。

西洋音楽をする虚しさを払うことができた、

音楽的なきっかけ。

それは、ラジオ体操でした!

 

ある時、ラジオ体操の伴奏を弾きたいな~と思って、

楽譜を探したんです。

なかなかなくて、図書館の地下にやっと1冊あった。

その本に、楽譜もさることながら、

ラジオ体操の歴史について書かれていました。

ラジオ体操は、戦後禁止されていたことを、

皆さんご存知でしたか?

私は知りませんでした。

当時は、現在のラジオ体操ではなかったのですが、

世代共通の体操はあった。

ところが、

皆が一斉に同じことをするのを恐れたGHQに、

禁止されたのです。

その後、何度も何度も提出し直して、

ようやく出来上がったのが

現在のラジオ体操だったのだそうです。

 

こんなことをきっかけに、歴史の本を読みました。

日本の歴史は汚点があり、恥ずかしいと

習ってきたのですが、

他の観点を知ることができました。

それで、日本人であることに少し自信が出てきたんです。 

 

その後、

日本人は「これだ!」と思えるものに出会ったのですが、

また改めて書きたいと思います。

 

アイデンティティー

150526DSC00153

長らく疑問だった一つに、

「日本人なのにどうして西洋音楽をするのか?」

ということがありました。

答えは「好きだから」なんですが(笑)、

この単純な答えに納得できるまで、時間がかかりました。

30代でやっと腑に落ちたかなあ。

 

というのは、西洋音楽は

時間のふるいにかけられた、素晴らしい作品がたくさんある。

素晴らしすぎて、

「日本人って、西洋のすごさを真似しているだけ?

日本にはすごいものはないの?」

とずっと思っていたんです。どこか虚しいんですね。

邦楽も聴いてみましたが、どうも好きになれない。

 

ある時、ふと「竜馬がゆく」を読んだ。

そしたら、

過去の日本に、これだけの思想を持った人が

歴史を動かしてくれたんだと感動したんです。

選挙なんて、当たり前、

正直面倒くさいな~と思っていましたが、

そんなこと言ってられないと思った。

 

それから、プロジェクトエックスの漫画で、

日本の飛行機(ゼロ戦)作りについて知った。

ゼロ戦→戦争→愚かな歴史

みたいな図式だったけど、

外国の飛行機を見ただけで、作るんだから

その熱意たるやすごいですよね。

普通なら、びっくりして終わりですよね。

幕末に、黒船に驚いた後も、

数年後に咸臨丸という船でアメリカに航海しているんです。

必要に迫られてってこともあるだろうけど、

日本の取り込む力はすごいんだなあと思った。

 

もう一つ、音楽に関連したきっかけがあるのです。

長くなるので次回へ。

合唱団イベント☆

150606DSC00208

昨日は、合唱団のレッスン日でした。

いよいよ2週間後が本番です!

 

6月25日(木)13時開演 

100曲マラソン 

とりぎん文化会館 梨花ホール 

入場無料で、100曲の歌詞集がもらえます♪

 

幼稚園から、小学生、大人まで出演して、

会場の皆さんと歌うので、とても和やかです。

都合のいい時間帯だけでもOKなので、いかがですか☆

 

私たちの合唱団、コール・アマービレは

5番目に出演します!

 

昨日は、ブログでも取り上げた

「うまく歌える からだのつかいかた」を使いました。

発声は、今まで抽象的な説明が一般的でしたが、

具体的に仕組みが分かって、

感覚としてつかめると、

いい変化が起こってくるので楽しみです♪

 

 

レッスン風景☆

150519DSC00084

昨日のレッスン風景です。

ピアノコース、3年生のKくん。

スケールをいろんな調で弾いています。

どの調になっても、

1の指は鍵盤から浮かさず、滑らせます。

だんだん気をつけられるようになってきたね。

次に、短い練習曲を初見で弾きます。

何調かな?

何拍子かな?

同じところはないかな?

最初に理解しておくと、

ぐ~んと弾きやすくなるし、間違えずに弾けます☆

練習を通して、

いい耳と、

弾けるための工夫が

できるようになってほしいと思っています♪

レッスン風景♪

150609DSC00254

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

前回、4分音符と2分音符の違いに気付いたので、

今度は、音符と休符の違いが分かるかな~?

リズムボールをそーっと音をさせずにたたきます。

「わかった!」

音を出さないってことが発見できたね!

ドの音も、高さが変わるのを聴きあてて、

音符を見て弾き分けることができました☆

楽譜を見ても弾き分けられます♪Let’s連弾~!

 

150609DSC00260

次はピアノコース、1年生のAくん。

「ハンマー」(→手に持っています!)を始め、

構造に興味津々なので、ピアノの中を大公開!

鍵盤を弾くと、中がどう動くのか、よ~く見ました。

低音と高音では、ハンマーの大きさが違うね。

今度はピアノの下にもぐって、どこが一番聴こえるかな?

「ここ!」

「正解!ここは響板って言って、ピアノの心臓なんだよ」

「ピアノってすごいな~!!」

この言葉がとても嬉しかったです♪

 

150609DSC00272

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

毎週お家で丁寧に練習してくるので、

スケールの指くぐりもスムーズに!

歌に合わせてフレーズ(つながり)と

息つぎを表現します。

少しの違いもよく聴き分けることができます!

いい耳は、上手になるコツ☆

ヘ音記号を混ぜた、ドレミカードも読みます。

読んで、弾くことにもチャレンジしました。

すらすらドレミが読めたら、いろんな曲が弾けるよ!

 

150609DSC00280

続いて、リトミックコース!

付点の意味を理解したので、

今度はピアノに合わせて動きます。

同じ付点でも、リズムが変わるね♪

変わり目も上手に動けるかな?

 

お母さんが、お子さんの様子を教えてくださったり、

フォローの言葉を入れてくださるのは

とてもありがたいです☆

お子さんの興味に沿いながら、

この教室ならではのレッスンをしていきたいと思います♪

これからもよろしくお願いします☆

ボディマップの本の発売♪

150524IMG_4401

ブログで常々脱力のことを取り上げていますが、

レッスン手法の一つ、

「ボディ・マッピング」

を教わってきた先生が、この度本を出版されました!

「うまく歌える からだのつかいかた」

川井弘子著 誠信書房

です。

 

川井先生は、ソプラノ歌手として演奏家でもあり、

「ボディ・マッピング」の指導資格を持ち、

全国で講座を開き、教えている先生でもあります

音楽的な感覚と、科学的な説明を

結びつけたレッスンは、

効果がすぐに表れるのでびっくりです。

また、どんなジャンルの人に適用できるのも特長です。

 

この本では、

歌う時の期待や疑問に答えることを念頭に、

科学的なイラストを多く使って説明、

効果的なエクササイズも

多数挙げられています。

 

歌う人はもちろんのこと、

合唱指導者、また学校の歌唱指導の先生にも

ヒントが満載です。

楽器奏者も、

歌はすべての基本であること、

身体を使って表現するといったことから、

何らかのヒントが得られると思います。

 

私は、ボディマップに出会って、

手が小さくても驚くほど弾きやすくなったし、

手の柔軟性も保たれているし、

年齢の割に衰えは少ないのではないかと思っています。

もちろん教える際にも、

努力を強いるだけではうまくいかないこともあるので、

とても役に立っています。

スポーツの世界でも、

科学的な要素がトレーニングに取り入れられていますが、

身体で表現する音楽も、同じですよね。

画期的な手法なので、

努力してもうまくいかなかった人、

悩みがある人に特におすすめです!

 

Page 74 / 80«737475»
Copyright © 鳥取市の音楽教室 なわたピアノ教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.