ピアノを通して成長するために

ブログ

日本初☆アイリッシュハープフェスティバル

150404IMG_2626

桜は散り始めていますが、

しばし写真で名残を惜しみましょう☆

 

週末は、日本初のアイリッシュハープフェスティバルが

あり、ワークショップに参加してきました。

IN東京!

乗り継ぎができるか不安でしたが、

ちゃんとたどり着くことができました~!

 

国内外で活躍中の、プロのハーパーから

直接教えてもらえるということで、

今回は、アレンジについて勉強してきました。

アイリッシュハープは、アレンジもできるとすごく

楽しいみたいです!!

ピアノも一緒♡

遊び心で試してみるだけでも、アレンジは楽しいです♪

 

そのアレンジですが、ピアノにも共通するところが

たくさん!

まずコード。

コードというのは、伴奏を文字で表したものです。

例えばC→ドミソというふうに。

ピアノでも、これができるとすごく便利なのです。

 

楽譜を見てすぐ弾けるようになる!

間違わないようになる!

メロディーに伴奏もつけられる!

 

このコードがハープのアレンジでも出発点でした。

そして、そのコードをどのように使いこなすかについて

質問したところ、素晴らしい答えが!

「音楽は呼吸している。

その呼吸に合わせてアレンジするのだ」と。

 

感激していたら、具体的な方法を聞くのを

忘れてしまったのですが(^^;

 

ピアノも一緒だと実感しましたよ。

教室では、コードも習っていきます!

そして

「音楽の呼吸」→音楽を感じて、表現すること

をめざしています☆

 

 

 

ピアノの先生のコース

150402DSC00265

昨日のお花見は快晴で、青空に桜が映えていました☆

今日は風が強いですが、少しでももってほしいですね!

 

ブラッシュアップコースに通ってくれている先生。

音楽サークル活動や、講座に参加したり、

いろいろなレッスンに通ったりと

とっても勉強熱心です♪

 

そんな先生の目標は

「もっとピアノがイメージ通りに、生徒さんに聴かせて

あげられること」です。

今までの悩みは、先生に「こう弾きましょう」と

言われる理由が分かりにくかったこと、

知識を音に伝える方法が分かりにくいこと

だったそうです。

 

そこで、レッスンではコードを中心に、

音楽のフレーズ(まとまり)を意識してもらうように

しました。

すると推進力が出るので、演奏に惹きつける力が

出てきました。

脱力についてもレッスンすると、よく響いて伸びる音に

変わりました。

「弾きやすくなった」

「譜読みが簡単になった」

と実感!!

 

簡単なフレーズや伴奏でも、生徒さんにきれいに弾いて

あげたいですよね。

音楽を教えるということは、知識や技術だけ

じゃなくて、きれいだよ~をいっぱい伝えることだと

思います♪

 

「こんな簡単なことを今さら・・・」

と悩んでいる先生がおられたら、きっとお手伝いさせて

いただけることがあると思います。

「もう少し上手に弾きたいな。でも今さらな~」

と思われることがあったら、ぜひご相談くださいね。

 

 

大人のピアノレッスン

150331DSC00229

桜が満開ですね。

今日は子どもと、お弁当を持ってお花見です☆

 

春になると、新しい生徒さんとの出会いが増えます。

お子さんももちろん、大人の方とも♪

大人の方は、最初こそ躊躇されるのですが、

音楽が好き!という気持ちが強いので、

短期間で曲が弾けるようになります!

 

看護師の激務をこなしながら、ピアノの癒しを

楽しんでくれたOさん。

長年の夢でピアノにチャレンジされ、とても意欲的

だった70代のHさん。

高校生で勉強の合間を縫って、1曲でも弾いてみたいと

通ってくれたHくん。 

 

皆さん

「弾いてみたいけど、小さい頃ちょっと習って

やめてしまった」

「憧れの曲があるけど、ピアノは習ったことがない」

という方ばかりでしたが、

初心者でも、仕事が忙しくても、

イメージしながら、見事弾けるようになられました

 

大人の方は、人生経験やイメージが豊富なので、

それがどう音に結びつくかを説明すると、

納得され、弾きやすくなります。

子どもであれば、読譜など基礎に重点を置きますが、

大人の方はまず曲を楽しむ。

次に、知識や、ムリのない体の使い方をお伝え

しています。

リラックスして楽しめますよ♪

 

レッスンで音を奏でる喜び、

イメージを託す楽しさを感じてもらえたらと思って

います☆

レッスン風景☆

150331DSC00247

昨日のレッスンの様子です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

手のお山をつぶされないゲーム♪をした後、ピアノを

弾きました。

けんばんは何個あるかな~?

(ふたを支えていて、可愛いお顔が見えません~!)

 

いつも弾くドは40番って書いてあったのを発見

しました!!

(私も知りませんでした、笑)

この後、リズムの変化を感じてリトミック☆

とってもよく聴き分けられます!

次は、テキスト!

 

150331DSC00250

歌った音、メロディーラインをなぞります。

簡単だね!

おんぷの上下が、右手と左手で

打ち分けられるようになってきました☆

 

プレピアノコースでは、

お子さんの興味を引き出しながら、

読譜や、手の形の準備をしていきます。

ご一緒に音楽を楽しみませんか♪

上達する魔法の言葉☆

150327DSC00199

最近、素敵な人たちに会って共通するのは、

言葉(意識)の大切さ。

 

例え話ですが、

「コップに水が半分入っている」

これは事実ですね。

でも、どう思うかによって意識が変わってきます。

「半分しか入っていない」

「半分入っている」

 

どう思うかで、その後の行動も変わってきますよね。

例えば、

「半分しか入っていない」→

満たされない気持ち。人に水は分けてあげられない。

「半分入っている」→

足りている。人に水を分けることもできる。

 

興味深いことに、体調不良になって、治療を受ける時

「これだけ治った」

「これだけしか治らない」

とではその後の経過も違ってくるそうです。

 

満たされない気持ちは、

状況が変わっても、

また満たされない部分に

フォーカスしてしまうんですね。

逆に、満たされた部分にフォーカスすると、

より満たされていく。

 

不思議ですね~~~。

でも、レッスンを長年してきて、

言葉かけはすごく大事だと思っています。

どんな言葉をかけるかで、結果が全然違ってくる。

「とてもいいよ。次はここはこうしてみると、どう違うかな?」

「それじゃあダメだよ。こう弾いて」

とでは、モチベーションも仕上がりも全く違ってきます。

お子さんでも大人の方でもそうです。 

 

ダメ出ししたらいけないってことじゃなくて、

ダメなところにだけフォーカスしないということなんです。

いいところにフォーカス、そして、上手になろう♪

 

 

ピアノとハープの共通点♡

150328DSC00217

ここ数日の暖かさで、桜も咲き始めましたね。

 

先週はハープのレッスンでした。

小型ハープに一目惚れ♡

去年から習いに行っています。

ハープは、オーケストラで見るようなグランドハープ以外にも、

小型ハープがあるんですよ。

 

すごくきれいな音が出て、音の振動が体にじかに伝わってくるん

です。

たった一つの音でも心地いい~♪

 

でも、鳴らしてやろう!と思って弦を引っ張ると、

全然いい音が出てくれないんですよね。

なぜか?

それは、力が入っているから。

最初は、力が入っていることさえ分からないんです。

でも、そのことに気付いたら、

手の形にもちゃんと意味があると納得。

ムダな力がなく、いい音で弾ける形ということですね。

 

まさに、ピアノと一緒!!

手の形が大事なのは、

ムダな力を抜いて、いい音を出すことができるからなんですね。

その方が断然弾きやすい!

 

音は出そうと力むのではなく、

力を抜いてこそ、響いてくれるんです☆

 

お子さんも大人の初心者の方も、

手の形に気をつけるうちに、

脱力ができるようになりますよ☆

音そのものの美しさを感じてもらえたらと思っています。

 

 

レッスンで効果を上げる方法 Vol.5

150321DSC00159

レッスンで効果を上げるために

誰でもできる、家庭で音楽感を育てる方法

最後は、

愛情ある声かけ

です!

 

例えば、

「○○ちゃんは、こういう遊びが好きなんだね」

「○○できるようになって嬉しいね」

「今日はニガテなものも食べれたね」

「それは、人の迷惑になるからダメだよ」(←これも愛情ですね♡)

 

レッスンが始まってからだと、

「楽しい曲だね」

「なんだか今の音はは乱暴だったんじゃない」

「自分から練習できてえらいね」

「今日は練習どうしたの」

などと、保護者の方にも愛情をもって声かけをしてもらうと、

伸びが早いです♪

 

いつもではなくても、

関心を持っているよと伝えてもらえると

お子さんは頑張れます☆

 

これまで5回に分けて、

誰でもできる、家庭で音楽感を育てる方法

について書いてきました。

簡単ですが効果は絶大!!

じわじわと効いてきます!

できそうなことから、ぜひ試してみてくださいね♪

 

レッスン風景♪

昨日のレッスンの様子です。

150324DSC00162

ピアノコース、1年生のHちゃん。

昨日は、レッスンの合い間に、

知っているメロディーを弾いたり、

「こんなことできる~!」と、同じ間隔でピアノの上から下まで

弾いたりしてくれました。

 

これって、遊んでいるようですが、

実はピアノで弾ける引き出しが増えているんです!

試し弾きしていると、

楽しくって力もつくんですよ~!!

レッスンでは、そんな興味を

習っている内容や、知識につなげていきます☆

 

150317DSC00143

その後はリトミックコース。

昨日も、ノートに聴き取りを書いた後

2人で連弾しました!

お互いの呼吸を感じて弾けてるね☆スゴイ♪♪

 

無料体験レッスンは今月末までです☆

ご一緒に音楽を楽しみませんか♪

レッスンで効果を上げる方法 Vol.4

150320DSC00150

レッスンの効果を上げるために

誰でもできる、家庭で音楽感を育てる方法

4番目は、

音楽をかけない時間も作る!

です。

これは意外と皆さん気がつかないみたいです。

 

前回の記事で、よい演奏のCDをと書きましたが、

そうすると何時間もかけた方がよいと思う人もいるんですが、

あえて音の流れない時間も作る。

 

音量も大きくない方がいいんですよ。

特に乳幼児期のうちは、耳が繊細なので、

大きな音量はかえって感覚を損ないます。

静かな時間を作ることで、音に対する感覚は

よくなります♪

 

音楽は「間」があってこそなので、

実は音のない時間はとっても大事です。

 

でも、自然の音にはそういうことがないからすごいですね!!

 

 

 

 

レッスンで効果を上げる方法 Vol.3

s-150316DSC00108

レッスンで効果を上げるために

誰でもできる、家庭で音楽感を育てる方法

3番目は、

よい演奏のCDを聴く!

です。

 

これは、有名なスズキメソッドでも取り入れている方法です。

まずいい耳を育てるんですね。

 

では、

よい演奏って?

どんな曲がいいの?

どうやって選べばいいの?

という声にお答えしていきます。

 

よい演奏はいろいろありますが、

まずは有名な演奏家で、定番シリーズとか

ポピュラーな曲集を選んでみてはいかがでしょうか。

ネットで検索するとたくさん出てきます。

 

それをまず1枚買って聴いてみる。

枚数は多くなくても、繰り返し聴くことに意味があります!

それは、知らず知らずのうちに、

「美しいもの」の基準ができていくからです。

 

 

「きれいだな~」⇔「あんまりきれいじゃないな」

「この曲好き」⇔「何となく好きになれない」

「この演奏家が好き」⇔「この演奏家は好きじゃないな」

という経験が、とっても大事。

 

音って出すだけで楽しいけれど、

レッスンでは一歩進んで、

「どんな音かな?」と思えるようになっていきます。

 

今回は参考までに、生徒さんにおススメしている一枚を。

「小澤征爾セレクション音楽のおくりもの~フォーキッズ~」

1と2がありますが、両方とも

とても自然で、豊かな表現でおすすめです♪

皆さんもすてきなCDを見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 91 / 92«909192
  • メールでお問い合わせはこちら

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ内検索

© 2015 なわたピアノ教室 technical support 鳥取ホームページ制作会社Webもり