ピアノを通して成長するために
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • レッスン

レッスン

レッスン風景☆

150717DSC00771-2

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

ピアノに合わせてお散歩します。

歩く速さと、ゆっくり山登りの速さもあります。

しっかり聴き分けて歩けるようになったね☆

ピアノを聴いて、波の強弱を聴き分ける活動もしました♪

音楽の波は、大きいのもこわくないよ~!

歌も、しっかり大きな声で歌えるようになりました☆

とってもいい声です♪

これからどんな元気な声になるか楽しみです!

今日は、レッスン前後のおじぎを

ピアノに合わせてしました。

レッスンの「できた!」を

発表会につなげていきたいと思います☆

レッスン風景♪

150714DSC00609

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

来るなり、先週の曲当てクイズは

「やっぱりたなばただった~!」とやる気満々です☆

ドレミが読めて、リズムボールも叩けるようになり

ピアノに向かう時間が増えてきました!

左右の指も番号で動かせます!

お山の形もキープできたね。

嬉しかったのは

「ピアノのふた、そーっと(開け閉め)できる!」と、

ていねいな扱いができるようになってきたことです。

そう、ピアノと楽しく過ごしたいと思ったら、

大事にできるよね♡

 

150714DSC00612

次はピアノコース、1年生のAくん。

ピアノを弾く宿題が毎日できていたので、

ごほうびシールが貼れました♪

その調子で弾こう!

昨日は発表会の曲を渡しました。

早速ドレミを読んで、弾きます☆

今まで言ってきたタッチポイントや、

鍵盤の上に手を置いておくというのを

クイズで見比べると、気をつけて弾くことができました!

集中して向かえたね♪

合い間に、Aくんの得意な拍子当てクイズ!

お気に入りのゆり椅子でゆらゆらしながら考えます☆

 

150714DSC00619

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

付点のリズムを弾くために、

「ビート」を感じる練習をしています。

どんなリズムも、一定のテンポがあってこそ生きてきます。

心臓の鼓動と一緒ですね。

いつも同じテンポというのがポイントです!

(勉強していくと、心臓と同じように、テンポも

時々アップダウンします。ここまでくるとスゴイですよ!!)

というわけで、昨日は、左手にカスタネットを持ち、

ビートをキープしながらメロディーを弾きました。

Hちゃんも面白がって、カチカチ♪とキープできました☆

左右違うリズムは難しかったけど、

ずいぶん力が抜けてきましたね☆

150714DSC00628

リトミックコースでも、ビートがテーマです。

2人でボールを渡しながら歌います。

合図で歌をストップしますが、

この時もボールは一定のテンポで渡し続けます。

昨日はだいぶんできるようになったので、

歌を変えて、2人の発表会の曲で歌ってみました。

終わってからのこの顔(笑)!

 

さあ、夏休みも近づいてきました。

生活リズムもいつもと違ってくると思いますが、

発表会に向けて練習がんばろうね!

レッスンの内容例 ピアノコース

150712DSC00689

 なわた音楽教室のレッスン内容例です。

 

ピアノコース

小学生以上のお子さんが対象です。

 

最初の教材には、

主にピアノランドシリーズを使います。

理由は、

日本語に合わせたメロディーで、歌いやすいのと、

連弾になっているので、楽しいからです。

歌いながら、読譜、リズムを習得していきます。

楽譜を分析して理解することも覚えます。

リズム習得のために、リトミックも取り入れています。

 

進んできたら、

スケール、カデンツといった調性を知ります。

このころから練習曲も渡します。

曲のほうは、ブルグミュラーなど、

タイトルのついた短いものを選んでいます。

イメージを表現につなげていくためです。

表現のためのテクニックや、脱力も学びます。

グレード受験もお勧めしていきます。

 

次の段階になると、

コード(和音の記号)にも触れていきます。

ポピュラーなものによく使われているので、

できるようになると、

・メロディ譜を見て伴奏がつけられる

・曲によっては弾きやすいようアレンジもできる

など、将来的にも楽しく弾けるようになります。

合わせて、

ポリフォニー(輪唱のようにメロディーが2つ以上ある)も

弾きます。

西洋音楽の原点であり、

ポップスでも、音楽の面白さを格段に増してくれます。

クラシックの

古典もの、現代ものもレパートリーに入ってきます。

 

リトミックコース

このコースは、

ピアノコースを習っている生徒さんに

オプションで追加できるコースです。

2人以上で行います。

・リズム感がより定着する

・聴音(音を聴きとって楽譜にする)ができる

・連弾で、相手の呼吸を見計らうことができる

・1人より2人以上の方がニガテ感なく取り組める

ことから設けたコースです。

・拍子(指揮)

・即興

・ポリフォニー

などにも取り組みます。

楽譜上の音を追うだけでなく、

楽譜の意図を理解できるので、

ピアノのみならず、

将来、吹奏楽、合唱など、

アンサンブルをする時にも役立ちます。

 

いずれのコースも、

段階ごとに線引きしているわけではないので、

最初に決めたレッスン時間で、足らなくなってきたら、

時間の延長を提案させていただきます。

 

生涯にわたり、好きな曲が自分で弾ける。

音楽の奥深さも感じられる。

そのために、

基礎的な知識、技術を身につけられるよう

レッスンしています。

技術の一つに、脱力やコードを取り入れているのも

なわた音楽教室の特長です。

 

次回は、大人コースについて書いてみたいと思います。

レッスンの内容例 プレピアノコース

150712DSC00686

昨日は、海水浴に行ってきました。

波も穏やかで、きれいな水でした☆

昨日はまだ人も少なく、ゆったりとしていました。

 

それでは、なわた音楽教室のレッスン内容例です♪

 

プレピアノコース

ピアノが初めての幼児さんが対象です。

ある程度の時間、

聴くことができるようになってからのスタートを

お勧めしています。

(目安としては5才くらいかと思います。)

 

手遊び・・・手の形を作るゲームや、

      左右を意識するゲームをします。

                 ピアノが弾けるようになるための

      手の準備です。

リズム・・・ピアノを聴きながら、音の有る無しを      

                  聴き分けます。

      休符も音楽の大事な要素です。

強弱・・・・動物さんになって強弱を表現します。

      理屈より体験で覚えます。

音符・・・・ドレミファソラシの名前を知ります。

      音符で表すことも知ります。 

鑑賞・・・・クイズにして演奏を聴きます。

      一番大切な、音に対する感覚=耳作りです。

 

これは一例なので、

この内容通りというわけではありませんが、

プレピアノコースは

ピアノにスムーズに移行していくために、

リトミックを柱とした内容になっていて、

それぞれの活動には目的がある

ことがお分かりいただけると思います。

ピアノを弾くことは、

たくさんの要素を一度にこなす、とても複雑な活動です。

そのため、このコースでは、

リトミックで音楽を体験しながら、

手の形作り、

読譜の準備、

聴き分けることができる耳作り

の3つにピアノの要素を分けて、レッスンをしています。

単純な活動から入るので、

癖もつきにくく、読譜も容易になります。

ピアノには、本格的に弾くというより、

感触や音色を楽しむという目的で、触れていきます。

 

次回は、

ピアノコースの内容について書いてみたいと思います。
 

レッスン風景♪

150710DSC00577

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

手遊びもずいぶん覚えてできるようになりました☆

ぐーぱーたいそうはバッチリだね!

今日は動物さんになって、強弱と高低を体験しました。

フェイントにも引っかからなかったね~(笑)!

ピアノでは、お星さまや流れ星を表現しました。

手をすべらせて弾くグリッサンドがお気に入りです。

Kちゃんは鑑賞が好きなようで、

いつもじっと聴き入っています。

この通りのお顔です!(ちょっと緊張ぎみかな?)

いいお耳は上手になる一歩です☆

大きな声でしっかり答えられるKちゃん。

来週も元気な声を楽しみにしていますね♪

ピアノ教室の特長と選び方

150615DSC00323

大手音楽教室に勤めたり、

自分で教室を開いていたりする経験から、

それぞれの主なメリットを挙げてみたいと思います。

 

☆大手音楽教室のメリット

全国どこでもレッスンが受けられる

グレードや行事が年に数回あるので、ペースメーカーを作りやすい

発表会は大きな会場で弾ける

 

☆個人教室のメリット

生徒さんのペースに合わせてレッスンできる

保護者とコミュニケーションがとりやすく、レッスンに生かせる

発表会は様々なアイデアが生かせる

 

例外もあるにせよ、それぞれ良さがあると思います。

どちらにしても、

ベストマッチを選ぶには、

まず習う目的をはっきりさせておくことが大切です。

コンクールや発表会でどんどん弾いていきたいのか?

生徒さんのペースを大事にするのか?

といったことです。

次に、教室の方針に賛同できるかどうかということ。

目的と方針が合っていれば、

上達や成長もスムーズだからです。

あとは、事務や先生の態度ですね。

いいところかどうかを見抜くポイントは、

言うこととすることが一致しているかということです。

いいことを言っていても、

実行してなかったり、忘れていたりするようでは

一致していないということです。

言葉だけでなく、行動からも判断すると、

いい出会いにつながります。

 

私の教室で、保護者の方から頂く声で多いのは、

生徒さんのペースに合わせて

レッスンしているという点です。

例えば、レッスンで曲をと思っていても、

ピアノの構造に興味があるなら、

時間をいっぱいに使って中を見てもらう。

すると、楽器への感動が生まれて、

いい音で弾こうという気持ちになります。

レッスンでドレミカードをと思っていても、

ピアノが弾きたいなら弾いてみよう!

そしたらドレミも読んで弾けるかな?という具合です。

興味に合わせつつ、

伝えたい要素も盛り込んで、

レッスンを展開しているので、

自然に音楽に向かえてありがたいという声を頂きます。

また、

学校だけでは、

見逃されがちなお子さんの良さに

気付けてよかったという声も頂いています。

音楽を好きになって、成長してほしいという思いから、

マニュアルでないレッスンを展開しています。

自身の苦労を経て出会ったいろいろなアプローチと、

成長も大事にしていることから言葉かけを工夫した

レッスンです。

例として、

4つのコースの内容を、後日書いてみたいと思います。

レッスン風景☆

150707DSC00545

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

いつも元気なMちゃんですが、

昨日は珍しくご機嫌ななめ。

でも、ひとしきりお母さんに抱っこしてもらったら、

気持ちを切り替えてレッスンに向かえました♪

この笑顔です♡

朝から

「今日の曲当てクイズは、きっとたなばたの曲だよ」

レッスンを楽しみにしてくれているMちゃん。

いつもやる気満々です☆

ピアノは楽しい!→いろんなことができるようになる自信

へとつなげてほしいと思っています♪

 

150707DSC00550

次はピアノコース、1年生のAくん。

ドレミをすっかり覚えて歌えたので、

ピアノで弾いてみました!

意外と簡単に弾けちゃうね!

その調子で、他の曲もドレミを読んでみよう~♪

姿勢にも注目です♪

イラストを見ながら、

腕の角度が弾きやすいのはどの時かな?

いすの高さを調節して比べます。

背中の曲がり具合も実験して、弾き比べました。

この通りの姿勢です☆

「弾くの楽しいから宿題にして~」ということで、

今週は弾くのが宿題です☆

 

150707DSC00571

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

発表会の曲を渡しました。

まず演奏を聴いてから、

楽譜を見ながら同じところをチェック!

同じメロディーが何回か出てくるね。

どんな曲でも、

最初に全体を見通しておくことが大事です☆

そうすると、できそう!と思えるんですね。

次はリズムだよ。

4分音符をキープしながら付点のリズムを打ってみよう!

これをリトミックを取り入れてレッスンしました。

左右違うリズムが、できてきたね!

150707DSC00558

続いてリトミックコースです。

4分音符をキープする(ビート)のを感じるために、

歌を歌いながらボールを渡しあいこ♪

途中の合図で、歌をストップ、心で歌って、また歌います。

ビートが感じられると、

特に付点のリズムが生きたものになります。

リトミックは、

楽しくリズム感を身につけるのにとっても有効です☆

 

発表会の曲は、

それぞれのお子さんに応じて、

達成してほしい課題を考えて選んでいます。

曲を渡すタイミングも、見計らっているので、

まだ決まっていない方も楽しみにしていてくださいね♪

レッスン風景♡

150703DSC00517

今日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年少さんのKちゃん。

ぐーぱー体操や、まねっこで右手と左手を動かして

ウォーミングアップの後、

ピアノに合わせて動物さんになります☆

お耳の可愛いウサギさんです♪

ウサギさんとカメさんで、

スタッカートとスラーを聴き分けます。

今度はそれをピアノでも弾いてみよう!

ママにクイズを出します。

ニュアンスを伝えるのが目的です☆

ママに分かるように弾けたね!

今日が2回目のレッスンでしたが、

だんだんお話もしてくれるようになりました。

これから、どんなお話が聞けるか楽しみです♪

来週も動物さんと一緒に待っていますね☆

レッスン風景♪

150630DSC00469

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

目をつぶっても、

お山の形をキープできるようになってきました☆

ピアノでも弾いてみよう♪

左右の弾き分け、ドの高低の違いも分かって弾けました!

歌も歌いながら弾いています♡

とっても元気ないい声です。

新しい曲も、お母さんと一緒に

リズムボールをたたくことができました☆

お母さん、いつも上手にリードしてくださって

ありがとうございます!

 

150630DSC00485

次はピアノコース、1年生のAくん。

今週は毎日練習できたので、

大好きな飛行機のごほうびシールをゲット!

頑張ったね。その調子だよ~!

ノートに、ト音記号とヘ音記号、音符をたくさん書きます。

音符が、たまごや、魚や富士山の形になっています。

(色鉛筆が薄くて画面では見えませんが、いっぱい書いています!)

面白い発想ですね~!

それを私が弾くと、Aくんが伴奏をつけてくれました♪

雰囲気を感じてとてもきれい☆

ラストの音がかっこよかったね♪

 

昨日は、レッスン回数の調整のため、

Hちゃんはお休みでした。

きっとお家で練習をしているだろうな~と

思ったことでした。

来週楽しみに待っていますね!!

 

 

 

レッスン風景♡

150623DSC00406

昨日のレッスン風景です。

プレピアノコース、年長さんのMちゃん。

リズムボールをたたきます。

休符に気をつけてそーっとできるかな?

上手にできて、この笑顔☆

指番号で動かす体操や、

右手と左手を打ち分ける練習もしました。

少しずつできるようになってきたね♪

ピアノは、音符やリズム、指番号が分かって、

指を動かす作業なので、とても複雑です。

なので、すぐに弾くことはせず、

一つ一つの要素に分けてレッスンしていきます。

これからも頑張ろうね☆

 

150623DSC00409

次はピアノコース、1年生のAくん。

クイズをしています!

何のクイズかというと、間違い探しです。

150623DSC00411

一番いい音が出る指の場所=「タッチポイント」は、

どれが正しいでしょう?

よ~く見たら間違いが分かったね☆

じゃあ音で聴き比べてみよう!

これはすぐに正解でした!いい耳です☆

ノートに、ト音記号とヘ音記号も書きました。

記号のスタートの場所もバッチリ!

意味が分かるとちゃんと書けるね♪

 

150623DSC00417

次はピアノコース、2年生のHちゃん。

1年生になった時から、毎日練習を続けて、

練習ノート1冊が終わりました!

1週間毎日できたら、ごほうびシールを張るのですが、

ほとんど毎回ごほうびシール(ページの右にある大きなシール)

貼れています!

その努力に、ささやかなプレゼントを渡しました。

よく頑張ったね♪

練習の成果があり、

両手でフレーズを弾き分けることができ、1曲合格☆

レパートリーも増えてきましたね♡

150623DSC00420

続いて、リトミックコース。

付点リズム3種類をステップします。

クリアできたので、今度は、

一人が4分音符をキープして、もう一人はつられずに

付点リズムをステップします。

役をチェンジするとむずかしいでしょ!

 

次回も、楽しく身につけられるレッスンメニューで

待っていますね♪

 

 

Page 68 / 72«676869»
  • メールでお問い合わせはこちら

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ内検索

© 2015 なわたピアノ教室 technical support 鳥取ホームページ制作会社Webもり